アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

食品測定

食品から検出されるセシウムの経年変化

ふくしま30年プロジェクトで2011年から2014年までに測定した、玄米と果実の測定結果からセシウムの経年変化を表とグラフにしました。
2011年度は高かったセシウムの数値も、2012年度からは米はカリを撒く、果実関係は粗皮削り(あらかわけずり)をすることでセシウムの移行を抑える対策をしました。福島県農業総合センター果樹研究所の発表によると粗皮を形成する果樹は粗皮削りを実施することでセシウムが80~90%減少したということです。ただ、個体差はあるようで、りんごと梨の最高値は2013年度産よりも2014年度産の方が高い結果になりました。しかし、中央値については着実に下がっています。
また、柿は経年でのセシウムの数値の下がり方が他の果実より鈍いのは果樹農家以外の自家消費の物が多いからとも考えられます。


玄米のセシウム経年変化

玄米最大値(Bq/kg)中央値(Bq/kg)検体数(件)
2011年度86111.8208
2012年度28.92.976
2013年度7.851.5650
2014年度5.061.0133

りんごのセシウム経年変化

りんご最大値(Bq/kg)中央値(Bq/kg)検体数(件)
2011年度66.9
33.644
2012年度17.32.1717
2013年度6.982.6216
2014年度10.61.9631

梨のセシウム経年変化

最大値(Bq/kg)中央値(Bq/kg)検体数(件)
2011年度13.9
124
2012年度5.763.735
2013年度2.161.398
2014年度9.111.0729

柿のセシウム経年変化

最大値(Bq/kg)中央値(Bq/kg)検体数(件)
2011年度218
52.524
2012年度90.313.69
2013年度67.35.7515
2014年度22.453.5526

 

(あべひろみ)

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »