アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20192/11

【告知】しんちゃんに聞こう!「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの「シンちゃん」は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわかりやすく教えてきました。
いまさら聞けないホウシャノウのしつもんに、シンちゃんが、なんでも、わかりやすく答えちゃう!

みんなからたくさん寄せられた「大丈夫?」の答えを知るためには「測り」「知り」「記録する」ことが大切になるとシンちゃんは考えています。今回は、3.11から8年、ホウシャノウの測定をコツコツ続けてきた市民放射能測定所も登場。これまで8年間にわたり測り続けてきたデーターをまとめ発刊した『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』をもとに、「大丈夫?」の答えを、みんなと一緒に探してゆきたいと思います。
 

 

楽しいこの場に、みなさんもきてみませんか?おとなもこどももだれでも参加できますヨ

(※会場内に簡易の託児スペースもご用意してあります。小さなお子様もご一緒にお越しください。)

とき:3月9日(土)午後1時30分~4時00分
            (開場午後1時00分)

ところ:郡山市労働福祉会館(中ホール)
    〒963-8014 福島県郡山市虎丸町7−7


※駐車場に限りがありますので、できるだけ乗り合わせのうえ、お越しいただくようお願いいたします。

参加自由:入場無料(120人定員、事前予約受付中)

【申し込み専用フォーム】

最新イベント申し込み(外部リンク)

※120人定員のため、事前申し込みの方を優先させていただきます。


共催 いまさらきけないプロジェクト
   認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト


この事業は、「高木仁三郎市民科学基金」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

20213/16

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお願い

 ふくしま30年プロジェクトの活動は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性物質と、それにともなう健康被害の発生に対…

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ページ上部へ戻る
Translate »