アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

ふくしまくらす交流会 【震災後の生活について考えてみよう】

5月26日(木)のふくしまくらす交流会は定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきます。


ふくしまくらす交流会

【震災後の生活について考えてみよう】

~生活に密着した放射能測定データをもとに~
 
5月26日(木)に開催するふくしまくらす交流会では、【震災後の生活について考える】をテーマに、これまで「切り干し大根プロジェクト」や「タオルの外干し」で得られたデータを使って話し合おうという会です。
今回は自主避難から戻られたお母さんや、不安を感じながら生活しているお母さんが一緒に話し合える場にしたいと考えています。

切り干し大根プロジェクト
2012年12月と2014年12月に福島市各所で大根を1週間外干しして、セシウムの付着を比較しました。

 
外干しタオル2013-05
2013年5月から6月にかけて行った、タオルの外干しと内干しを比較した測定です。
2日間干して、外干ししたタオル(2枚使用)はセシウムが134と137を合算して、1kgあたり7.33ベクレル付着していましたが、内干しは0.66ベクレル未満で不検出でした。
今回は、この時から3年が経過してどうなったかを見ていきます。

また、年度を通して「タオルの外干し」や「切り干し大根プロジェクト」を行いますので、交流会ではそちらの参加募集もいたします。
 
《日時》
2016年05月26日(木) 10:00~12:00

《会場》
みんなの家@ふくしま

〒960-0241 福島県 福島市笹谷清水14−12

《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト

お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=2001

しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »