アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか?

東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春、東電福島第一原発事故による避難地域の解除が再び加速しました。丸8年が経過したなかで、4月10日、原発立地自治体で初めて大熊町の一部が解除されたからです。
しかし、2017年に部分的に避難解除され2年が経過した浪江町、富岡町の居住率は、それぞれ6.2%と9.4%に留まっています。
今すぐの帰還に途惑いを覚える住民と、帰還を急くような国の復興政策との乖離。それは、誰のための復興なのか、富岡町からの避難を継続する市村高志さんに語っていただきます。
 

講演:市村高志さん

日時:2019年6月15日(土) 13:30~16:30 (開場13:00)

会場:チェンバおおまち3階 多目的ホール (福島市大町4-15)


※ 専用の駐車場がありませんので、自動車でいらっしゃる場合は近隣の有料駐車場をご利用下さい。
 

参加費:無料 (要申込)

参加申し込みは、電話(024-573-5697)か、下記フォームより申込みください。
 

勉強会 申し込みフォーム


市村高志さんプロフィール

修士(公共政策学)
1970年、横浜市出身。両親の故郷に近い富岡町に93年に移住し、損保代理業などを営む。福島第1原発事故で東京都に一家6人で避難。2012年に避難者有志でとみおか子ども未来ネットワークを設立。現在、法政大学大学院 博士後期課程に在学中。共著に「人間なき復興」など。


★この事業は、「東日本大震災復興支援 JT NPO応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »