アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか?

東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春、東電福島第一原発事故による避難地域の解除が再び加速しました。丸8年が経過したなかで、4月10日、原発立地自治体で初めて大熊町の一部が解除されたからです。
しかし、2017年に部分的に避難解除され2年が経過した浪江町、富岡町の居住率は、それぞれ6.2%と9.4%に留まっています。
今すぐの帰還に途惑いを覚える住民と、帰還を急くような国の復興政策との乖離。それは、誰のための復興なのか、富岡町からの避難を継続する市村高志さんに語っていただきます。
 

講演:市村高志さん

日時:2019年6月15日(土) 13:30~16:30 (開場13:00)

会場:チェンバおおまち3階 多目的ホール (福島市大町4-15)


※ 専用の駐車場がありませんので、自動車でいらっしゃる場合は近隣の有料駐車場をご利用下さい。
 

参加費:無料 (要申込)

参加申し込みは、電話(024-573-5697)か、下記フォームより申込みください。
 

勉強会 申し込みフォーム


市村高志さんプロフィール

修士(公共政策学)
1970年、横浜市出身。両親の故郷に近い富岡町に93年に移住し、損保代理業などを営む。福島第1原発事故で東京都に一家6人で避難。2012年に避難者有志でとみおか子ども未来ネットワークを設立。現在、法政大学大学院 博士後期課程に在学中。共著に「人間なき復興」など。


★この事業は、「東日本大震災復興支援 JT NPO応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »