アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし
福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 >

「いかに世のメディアが、復興に沸く輝く街の姿でうめつくされていても、僕は足元の僅かな傷跡を記録しておきたいと思っている」


2019年1月19日(土)~20日(日)の2日間、「赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018」を開催します。そして、展示会の2日目の20日13:30からは、赤城修司氏と佐原真紀 (ふくしま30年プロジェクト理事長)によるトークイベント「福島の現状を知り、語り、考える」を行ないます。

展示会期:2019年1月19日(土)~20日(日)
(1日目10:30~19:00/ 2日目10:30~17:00)

トークイベント
「福島の現状を知り、語り、考える」
20日13:30~16:00
赤城修司
島 明美
佐原真紀 (ふくしま30年プロジェクト理事長)

展示会場:全労済ホール/スペース・ゼロ 展示室
     東京都渋谷区代々木2-12-10 全労済会館

入場料:無料

20181124


20180629


赤城 修司さん プロフィール

1967年福島県生まれ。1989年筑波大学芸術専門学群洋画コース卒業。青年海外協力隊員として1994年より2年間ブルガリアに滞在して美術教師として活動。出品展覧会に、「未来の体温 after AZUMAYA」(山本現代、アラタニウラノ、2013年)、「Transmission」(スタジオ35分、2014年)等。現在、福島市在住。高等学校美術教員


この事業は、「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成を活用して行なっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

告知

201911/3

【告知】2019レクチャーシリーズ 清水奈名子准教授『なぜ政府は被災者を積極的に守らないのか』

先ごろ、福島県から群馬県に避難した住民が国と東電に起こした群馬訴訟の控訴審において、国側が用意した準備書面に次のような表現がありました。自主…

201911/2

【告知】原発事故アーカイブ施設「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアー

※2020年1月11日(土) 「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアーは定員の20名に達したため、受付を終了いたしました。 …

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

ページ上部へ戻る
Translate »