アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし
福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 >

「いかに世のメディアが、復興に沸く輝く街の姿でうめつくされていても、僕は足元の僅かな傷跡を記録しておきたいと思っている」


2019年1月19日(土)~20日(日)の2日間、「赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018」を開催します。そして、展示会の2日目の20日13:30からは、赤城修司氏と佐原真紀 (ふくしま30年プロジェクト理事長)によるトークイベント「福島の現状を知り、語り、考える」を行ないます。

展示会期:2019年1月19日(土)~20日(日)
(1日目10:30~19:00/ 2日目10:30~17:00)

トークイベント
「福島の現状を知り、語り、考える」
20日13:30~16:00
赤城修司
島 明美
佐原真紀 (ふくしま30年プロジェクト理事長)

展示会場:全労済ホール/スペース・ゼロ 展示室
     東京都渋谷区代々木2-12-10 全労済会館

入場料:無料

20181124


20180629


赤城 修司さん プロフィール

1967年福島県生まれ。1989年筑波大学芸術専門学群洋画コース卒業。青年海外協力隊員として1994年より2年間ブルガリアに滞在して美術教師として活動。出品展覧会に、「未来の体温 after AZUMAYA」(山本現代、アラタニウラノ、2013年)、「Transmission」(スタジオ35分、2014年)等。現在、福島市在住。高等学校美術教員


この事業は、「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成を活用して行なっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか? 東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春…

告知

【告知】市民講座 チュルノブイリ甲状腺専門医講演会 「25万件の検診をしてきた医師の話」in 福島

今から33年前の1986年4月26日、ベラルーシとの国境付近にあるチェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ)で原子力開発史上最悪の事故…

告知

20194/6

【告知】おしどりマコ・ケンと『放射能測定マップ+読み解き集』を知ろう! in 福島市

ついに発行部数1万6千部となったマップ集ですが、福島県内でいまいち知られていないのが実情です。 それを知ったマコ・ケンさんが、…

告知

20193/24

【告知】後藤忍准教授講演会 震災の記憶を未来へ – 記憶を記録とするために –

「図説 17都県放射能測定マップ+読み解き集」発刊イベントとして、チェルノブイリと日本のアーカイブ施設の違いについて、後藤忍准教授(福島大学…

告知

20192/11

【告知】しんちゃんに聞こう!「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの「シンちゃん」は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわか…

ページ上部へ戻る
Translate »