アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20181/18

【告知】おしどり マコ・ケン勉強会「東電会見を追った立場から見た福島第一原発の今」

講演:おしどり マコ・ケン

日時:2018年2月11日(日) 13:00~

参加費:無料

場所:チェンバおおまち3階 多目的ホール

(福島県福島市大町4-15)

※専用の駐車場がありませんので、自動車でいらっしゃる場合は近隣の有料駐車場をご利用下さい。

 福島第一原発の廃炉について、一般にマスコミなどでは40年かかると言われ、地元自治体の首長などがコメントを出す際にも、この40年が前提となっている。この福島第一原発の廃炉について、日本経済新聞では次のように解説している。
『廃炉は「廃止措置」とも言う。通常、寿命を迎えた原子炉の運転を停止し、解体、除染などを経て土地を再利用できる状態にする過程を指すが、大事故を起こした福島第1原発は技術的な課題が山積する。完了は30~40年後の見通しだ。[2014年2月3日 日本経済新聞]』。
原発廃炉への課題(1)運転停止後、更地に戻す

 それでは、老朽化した一般の原発の廃炉にかかる時間はどうだろうか? 廃炉が決定した中国電力の島根原発1号機について朝日新聞が報じている。
『中国電力は28日、島根原発1号機(松江市)の廃炉作業に着手した。原子力規制委員会が認可した廃炉計画では、廃炉に要する期間は2045年度までの28年間。原子炉本体の撤去は30年度からを予定しており、45年度までに更地にする。[2017年7月28日 朝日新聞]』。
島根原発1号機、廃炉作業始まる 45年度までに更地に

 メルトダウンを起こした3基の炉と、メルトダウンを起していない平常の炉の廃炉について報道されている情報を対比して見ると、更地にするまでの期間はほとんど変わらない。情報の受け手としては、福島第一原発と島根原発1号機の廃炉にかかる期間について、報じる側は疑問に思わないのか?という疑念にかられる。
 しかし、素朴な疑問に切り込まない、ある種のテンプレートに嵌ったような大手マスコミの報道がある一方、フリージャーナリストたちの丁寧な取材活動がある。そのなかでも、芸人兼業の異色のジャーナリスト「おしどりマコ・ケン」は東電記者会見に出席し続け、丹念に情報を追いかけている。はたして、福島第一原発の廃炉はどの点が進捗し、どの点が膠着しているのか? 原発事故から8年目を迎えるなかで、福島市において確認の場を持つ。

《主催・問い合わせ》《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト

お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。
【申し込み専用メールフォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=7862/


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」Part2

7月16日に、山田真先生の講演会を中心にして開催した交流会の第二弾となります。前回、好評を博したアレルギーの話など、日々お母さん方が疑問に思…

ページ上部へ戻る
Translate »