アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20183/15

移転について

 「ふくしま30 年プロジェクト」は、「CHANNEL SQUARE」での活動を2015年3月29日より開始しました。それから3年が経過したわけですが、この度、「CHANNEL SQUARE」が移転することに伴ない、弊法人も福島市南矢野目から北西の位置にある飯坂町に事務所を移転することにいたしました。新住所は『福島県福島市飯坂町字一本松11-7』となり、営業開始は4月2日からです。
 街中にある置賜町で3年半弱、そして南矢野目では3年の活動を行ないました。特に、この3年間は「CRMS市民放射能測定所福島」から、「ふくしま30年プロジェクト」へと名称を変えて、活動と名前が一致してきた期間だったと感じています。ようやく「30年」という名称に負けない、持続的で地に足のついた活動をしていく基礎ができたなかで、新たに飯坂町一本松で新事務所を開所します。3 年おきに移転を繰り返してきましたが、今度の飯坂という場所が「ふくしま30年プロジェクト」にとっての終の棲家となります。

 今回の移転については、広河隆一氏が代表を務める「D A Y S被災児童支援募金」と山田真医師からのご支援をいただきました。お二人からは、これまでも様々な支援をいただきましたが、この移転が急だったこともあり、こちらからの支援要望について即断していただいたことにはお礼の言葉もございません。
 
 国は初期の政策通りに5年間の集中復興期間を終え、復興・創生期間に移行しています。そして、「復興オリンピック」として掲げる東京オリンピック開催の2020年に復興庁の解散も明言しています。これでは、あたかも2020年に復興が完了してしまうかのようです。しかし、性急にことが進められていくのとは反対に、その流れに乗れずにいる人たちが一定数いることも事実です。ましてや、被災三県に居住する大多数の人は、2020年に復興が完了するなどとは考えていないでしょう。
 原発事故をめぐる問題が、科学・医学・経済などの複合的なかたちで表れるために、個人では打破できないという閉塞感を生んできました。しかし、時間の経過があったことで、ようやく自分の足元から状況を把握したいという声が上がってきたとも感じています。現状を判断できる情報や将来の展望を求める市民とともに、次世代へのバトンを繋げるために、わたしたちはこの地での活動を継続していきます。

理事長 阿部浩美

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »