アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

【告知】市民講座 チュルノブイリ甲状腺専門医講演会 「25万件の検診をしてきた医師の話」in 福島

今から33年前の1986年4月26日、ベラルーシとの国境付近にあるチェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ)で原子力開発史上最悪の事故が発生しました。大量の放射能の雲は、ウクライナやベラルーシの地面を強く汚染させることになりました。汚染地域は、海から遠く離れているため慢性的なヨウ素不足の地であったことが災いし、汚染された牧草から牛を介してミルクに移行した放射性ヨウ素を取り込んだ子供たちには小児甲状腺がんが多発しました。今回は、もっとも被害の大きかったベラルーシから専門医を招き、現地の甲状腺がんの過去・現在をお話し致します。
 

日時:2019年5月18日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)

会場:チェンバおおまち3階 多目的ホール

           (福島市大町4-15)


※ 専用の駐車場がありませんので、自動車でいらっしゃる場合は近隣の有料駐車場をご利用下さい。
 

講演
アルトゥール医師

「なぜブレスト州が甲状腺検診を成功できたのか」

 

ウラジーミル医師

「移動検診の現在の動向」

 

マキシム医師

「ベラルーシにおける最新の治療と診断」

 

通訳
山田英雄氏

(NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワーク医療顧問・
ロシア語医療通訳者)

 

解説
木村真三氏

(獨協医科大学准教授・放射線衛生学者)

 

【プロフィール】

グリゴローヴィチ・アルトゥール医師
ブレスト州立内分泌診療所所長
1967年生内分泌科専門医(甲状腺・糖尿病)
赤十字移動検診プロジェクトのスタッフとして、2011年までにチェルノブイリ被災地であるベラルーシ共和国ブレスト州にて年間15000人の甲状腺がん検診を実施してきた。甲状腺検診者数25万人以上と世界的にもトップクラスの症例数を誇る。

シヴダ・ヴラジーミル医師
ブレスト州立内分泌診療所移動診断室室長
1960年生ブレスト州立内分泌診療所スタッフ。内科医、超音波診断専門医
1年のうち2/3を移動検診で州内各地で検診を行っている。甲状腺検診者数25万人以上と世界的にもトップクラスの症例数を誇る。チェルノブイ原発事故の初期からを知る現場の医師。

ルシク・マキシム医師
ベラルーシ国立卒後教育医学アカデミー内分泌学講座准教授
1979年生内分泌学医、超音波診断医、麻酔・蘇生術医、分子生物学(長崎大にて2006年習得)
内分泌疾患・代謝疾患・腫瘍疾患に関連した発がんのメカニズム研究、甲状腺がんの初期診断の方法論改善、診断・治療アルゴリズムの開発を行う。

通訳:山田英雄氏
NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワーク医療顧問・ロシア語医療通訳
1947年生広島出身の被ばく二世。幼い頃から原爆の後遺症で苦しむ母の姿を見続ける。高校卒業後モスクワのパトリス・ムルンバ民族友好大学医学部に進学。旧ソ連の医師免許を取得する。
 

【申込フォーム】

勉強会 申し込みフォーム

主催:NPO法人ふくしま30年プロジェクト
   NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワーク

後援:福島市 福島市教育委員会

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

告知

201911/3

【告知】2019レクチャーシリーズ 清水奈名子准教授『なぜ政府は被災者を積極的に守らないのか』

先ごろ、福島県から群馬県に避難した住民が国と東電に起こした群馬訴訟の控訴審において、国側が用意した準備書面に次のような表現がありました。自主…

201911/2

【告知】原発事故アーカイブ施設「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアー

※2020年1月11日(土) 「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアーは定員の20名に達したため、受付を終了いたしました。 …

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

ページ上部へ戻る
Translate »