アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201911/2

【告知】原発事故アーカイブ施設「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年1月11日(土)に、東京電力廃炉資料館(富岡町)とコミュタン福島(三春町)を見学するバスツアーを開催します。
そして、車中で福島大学 後藤忍准教授から東京電力廃炉資料館やコミュタン福島といった第一原発事故のアーカイヴ施設の説明をしていただきます。
 

東京電力廃炉資料館 (富岡町)

一階展示物

発電所周辺地域をはじめとした福島県の皆さま、そして国内外の多くの皆さまが、福島原子力事故の事実と廃炉事業の現状等をご確認いただける場として、「東京電力廃炉資料館」を当社施設である「旧エネルギー館」に設置いたしました。
※「東京電力廃炉資料館」紹介リーフレットより

 

コミュタン福島 (三春町)

コミュタン福島入り口

福島県環境創造センター交流棟(愛称:コミュタン福島)は、県民の皆さまの不安や疑問に答え、放射線や環境問題を身近な視点から理解し、環境の回復と創造への意識を深めていただくための施設です。
※コミュタン福島サイト「コミュタン福島の概要」より

 

●日時:2020年1月11日(土)
●参加募集人数:20名
●参加費:500円
●集合場所:十六沼公園 (福島市大笹生字爼板山341)
●見学:東京電力廃炉資料館 (富岡町)
    コミュタン福島-福島県環境創造センター交流棟 (三春町)

   

●タイムスケジュール
08:30  十六沼公園に集合、出発
10:30  東京電力廃炉資料館着、見学
12:00  東京電力廃炉資料館を出発
13:15  阿武隈高原SAで 昼食 
14:30  コミュタン福島着、見学 
16:00  リコミュタン福島出発
17:00  十六沼公園着、解散
 

《主催・問い合わせ》
認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
TEL:024-573-5697

参加ご希望の方は、以下の申込フォームよりお申し込みください。
締切日は2020年1月7日とさせていただきます。

【申し込みフォーム】

コミュタン福島・東電廃炉資料館・リプルンふくしま見学ツアー 申し込みフォーム

チラシはこちら


後藤 忍さん プロフィール

写真右 後藤忍さん

1972年大分県生まれ。大阪大学大学院工学研究科環境工学専攻修了。博士(工学)。2004年から現職。
福島第一原発の事故後、環境教育の観点から特に原子力・放射線教育に関心を持ち取り組んでいる。政府が発行した原子力および放射線に関する公的な副読本における「公平性」の問題に着目し、福島大学放射線副読本研究会を組織し、独自の代替案となる放射線副読本を作成。また、福島県環境創造センター交流棟「コミュタン福島」とチェルノブイリ博物館の展示内容の比較なども行っている。著書に「みんなで学ぶ放射線副読本」。専門は環境計画、環境システム工学、環境教育。福島市在住。


この事業は、「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

201911/3

【告知】2019レクチャーシリーズ 清水奈名子准教授『なぜ政府は被災者を積極的に守らないのか』

先ごろ、福島県から群馬県に避難した住民が国と東電に起こした群馬訴訟の控訴審において、国側が用意した準備書面に次のような表現がありました。自主…

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

告知

20199/14

【告知】山形県大江町 やまさぁーべ稲刈りキャンプ

いよいよ収穫の秋! 6月1日に田植えキャンプで植えた稲を、 今回は刈り取ります。 芋煮会もやるよ! 今回はブッシュクラフト! (初…

告知

20198/29

【告知】市民講座 アンドレアス・シングラー氏講演会 ドイツから学ぶ、再生可能エネルギーの未来と課題

1961年南ドイツ生まれ。1987年以来フリーランスのジャーナリストとして、スポーツのドーピングや薬物乱用問題な…

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか? 東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春…

ページ上部へ戻る
Translate »