アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお祈りいたします。

今回は、復旧作業を進めるにあたって気になることを書き留めておきます。
福島市のサイトでは見当たらなかったのですが、自治体によっては河川が氾濫した際の復旧作業についての注意点をまとめた上で公開しています。例としては、下記のようなページを大阪市が公開しています。

 
上記ページは大阪市ということもあり、下水などの汚水による衛生対策のみになっています。しかし、東日本地域においては、東電福島第一原発事故によって環境中に放出された放射性物質を含む土壌についても、注意を払わねばなりません。
現状の土壌中の放射性物質(主にセシウム)は、粘土質の土壌に吸着して容易に再浮遊する状況にはありません。ところが、今回のように河川の氾濫によって大量の泥が発生したとき、特にそれが床上浸水の場合は、泥が乾燥しての粉塵で、それに付着した放射性物質が容易に舞いやすくなっています。その結果、第一原発事故初期のように放射性物質を吸い込む可能性が高くなります。細菌などにによる食中毒や感染症に加え、放射性物質による内部被ばくのリスクを低減するためにも、マスク(可能なら3M N95などの防塵マスク)やゴーグル、ゴム手袋をつけて作業を行うことを推奨します。
土壌中の放射性セシウムの濃度については、「みんなのデータサイト」で公開している土壌プロジェクトマップが一つの指標になると思います。土壌プロジェクトマップで、2019年時の放射性セシウム濃度が高い地域で泥だしや清掃を行う際の参考としてください。
 

みんなのデータサイト「東日本ベクレル測定マップ」より

 

 
また、これまでも、環境省が除染土壌を盛土として再生使用する施策の安全性について懸念がありましたが、今回の災害で、やはり再考の必要があることが確認されたと思います。
 

あべ ひろみ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »