アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

201412/19

ガンバの冒険

伊集院光氏が、ラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」において、彼が幼少期に観た「ガンバの冒険」を、改めて大人になってから観た感想を語っています。

話が、子ども心に何だろうこれって思ったやつとかが、すごいの、何かね。
リスがいっぱい居る島があるのよ、リスさんが、いっぱい居るですよ、島に。そこにガンバが行くですよ。
そして、そのリスさん達の島には、いっぱいリスが居るんだけども、リスが凄い警戒して、何か来る、みたいになっていると、そこに来る黒狐が来るんですけど、黒狐。もう、こいつらのリスの虐めっぷり、リスの殺しっぷりが凄いんですけど。
で、ガンバ達は、みんな怯えて暮らしているから助けてやろうって言って、黒狐をやっつけに行く訳ですよ。で、やっつけそこなったんで、黒狐が今度、逆ギレして、また何かこう、リスをバーッと倒すんですよ。そしたら、余計な事をして、黒狐を、あの、一番正義感の強いリスがガンバ達に「余計な事して、黒狐を怒らして。俺たちは冬の間、あいつのエサだからな !」と言う話になるのよ。で、死ぬに決まっていんじゃん。で、「別にそれでいい事になってんだから、余計な事をして、いっぱい殺させてんじゃねーよ」という話になんの。
何か、子どもの時、俺はこれをどういう風に理解していたんだろうっていう。ガンバはさ、子どもに分かりやすいじゃない。凄い敵がいて、殺されちゃうから、殺しに行くっていう。その、味方して加勢したつもりのリス軍団が、もう、ほっといてくれよ、冬に半分くらい食われて、また増えりゃいいんだろうみたいな。食われる決まりだからね、みたいなトーンになっているんですよ。

[ 伊集院光 深夜の馬鹿力 2001年9月10日 放送より ]

この当時、アニメは子どもの為のものでした。アニメ業界と言われる場所にたどりつく人達も、本当は実写をやりたかった人、漫画家になりたかった人、そういう人たちが集まる場所でした。そこで、所詮は子ども向けに電動紙芝居を作るというシラケもありましたが、本気でモノを作る、子どもに語る人達もいました。代表格は高畑勲氏と宮崎駿氏ですが、この「ガンバの冒険」の監督の出崎統氏も本気で作っていた人です。
子どもの時分に観た時はよく分からなかったが、あとあとで観ると、社会の矛盾がありありと表現されている。そういった作品が、この世代が作った物にはたくさんあります。私自身も、彼らがこういった作品を作っていた年代と同じになり(実際は既に越しましたが)次の世代に何を伝えられるかを本気で考えます。私たちの団体の名前にある通り、「30年」でもセシウム137はまだ半分です。そして孫の世代になっても、その影響はゼロにはなりません。この活動は、次の世代に引き継いでいかなければならない。その時、これら作品を作った先達を見習い、次の世代に伝え、引き継ぐようにしなければと思います。

(あべひろみ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

ページ上部へ戻る
Translate »