アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20145/31

祭りの日に

夕方に川俣町の避難指示解除準備区域で除染をやっているという方が測定所に立ち寄って話をしていった。
国直轄の除染区域で作業しているのでWBCの測定に興味があったようだ。WBCはJヴィレッジでも受けた事があると話していた。
除染の担当区域は空間線量が1mで4μSv/hのところもあるそうで、まだまだ高いようだ。ホットスポットになっているところの表土を30cm掘っても思ったほど下がらない。作業後にある程度の時間が経つと、また線量が上がり始めるといった話をしてくれた。そして、あの辺りは一軒あたりの面積が広いのでなかなか仕事が進まないということ、このままでは予定している期間までには終了しないだろうというのが実感だそうだ。
実際、福島市の中心部の住宅の除染が進められているのを毎日見ているが、そのような所と比較すると郊外の昔からの家などは土地が広いし、そういうところはどれくらいかかるのだろうと思っていたところだったので納得の話だった。

現場の人の話は、こちらが予想している事とほぼ同じだった。無理筋の話を強引に進めているという事が確認できた。
今日は「山車フェスタ2014」というお祭りがあったが、そのハレの裏側にあるもう一つ現実の話を聞いた日だった。

[追記 2014.06.01 18:00]

河北新報 2014年05月28日に川俣町山木屋地区の除染の記事がありました。
また、魚拓も併記しておきます。

(あべひろみ)

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »