アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全国的に拡大していることを鑑み、ご参加の皆様の安全を第一に検討を重ねた結果、本イベントを中止とさせていただくことといたしました。


NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-」を見学するバスツアーを企画しました。
 

 
東日本大震災と原子力発電所の事故から9年が経ちます。しかし、福島では原子力発電所の事故のために、いまだに被災地での避難生活が続いています。震災とともに始まった「ふくしまの経験」はいまも継続中です。
[ 中略 ]
そして今回は、東日本大震災・原子力災害伝承館で保存される資料の一部も公開いたします。「震災遺産を考える」では震災復興にかかわる機関や人々との関係を増やし、震災遺産を通じて、「地域の暮らしを主体的に考える場となる」ことを進めていきます。
「震災遺産を考える -それぞれの9年-」より
 

2016年「震災遺産を考える−ガレキから我歴(がれき)へ」を取材した動画

 

●日時:2020年3月1日(日)
●参加募集人数:20名
●参加費:500円
●集合場所:十六沼公園 (福島市大笹生字爼板山341)
●見学:福島県立博物館 (会津若松市)

   

 

●タイムスケジュール
09:30  十六沼公園に集合、出発
11:00  福島県立博物館着、見学
12:15  昼食 
13:30  講演会&トークイベント「ひなん暮らし―過去・現在・未来―」
    講師 伊藤まり氏(浪江町からの県外避難者・NPO法人WE21ジャパン青葉代表)
    内山大介(福島県立博物館学芸員)
15:15  福島県立博物館出発
16:45  十六沼公園着、解散
 

《主催・問い合わせ》
認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト
TEL:024-573-5697

参加ご希望の方は、以下の申込フォームよりお申し込みください。
締切日は2020年2月22日とさせていただきます。

【申し込みフォーム】

「震災遺産を考える ~それぞれの9年~」見学ツアー 申し込みフォーム


*この事業は、「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成金を活用して行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

20213/16

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお願い

 ふくしま30年プロジェクトの活動は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性物質と、それにともなう健康被害の発生に対…

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ページ上部へ戻る
Translate »