アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20136/2

わらじまつり

昨日の東北六魂祭パレードのTV中継を観たが「わらじまつり」の酷さが際立っていた。

段取りが悪い、地味、演者のノリ等々。

途中、観客にカメラが振られるのだが、皆一様にシラケていた。

その次の「花笠まつり」が始まると再び観客も盛り上がり始め、モニターを通して観ているこちらも一安心するという感じだった。

このように東北六県の祭りが一様に並ぶ機会があると、そこに県民性も表れているように見える。(福島の場合は、よりミニマムに福島市の市民性でもいいかもしれない)

何か今回の事故からの一連のゴタゴタがこの「わらじまつり」の演目の企画に出ている。

ひょっとしたら、女川原発が事故を起こした場合、宮城県住民の対応は福島とは違う展開になったかもしれないと思わせるものがあった。

宮城県の場合は「七夕まつり」になるわけだが、これも「わらじまつり」と違って見る物を楽しませるように工夫がされていた。この六魂祭用に味付けされた物があったと思う。

しかし、「わらじまつり」にはそれがなかった。

いつもの「わらじまつり」があるだけだった。

福島の人間なら誰でも「わらじまつり」について思い浮かべる「地味」という印象を、この六魂祭には積極的にアレンジして変えていくべきだったのだ。

しかし、そういった積極性がなかったように見える。

そしてふと思った。

これが今回の事故における住民達の対応にも表れているのではないか、と。

例えば、どこの地域で事故が起こっても、福島のように様々な軋轢等々、問題は起こると思う。

しかし、今の福島のようなゴタゴタに至ったのは大半の住民の態度が受け身・消極的、そして事の本質から目を逸らして小手先での対処で済まそうとしたからではないか?<

今日の「わらじまつり」の演目を観てパッと思いついた。

あの「わらじ音頭」は今の福島を象徴している。

 

(あべひろみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »