アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じられました。
 

除染の土 覆土せず野菜栽培をする実証事業へ 福島 飯舘 [NHK]

原発除染土、覆わずに栽培試験 飯舘村で環境省が方針転換 [共同通信]

除染土覆わずに再利用 環境省が方針 [TUF]

除染土覆わず野菜試験栽培 「説明不十分」指摘も [朝日新聞]
 

報道記事内では触れられていませんが、この野菜の実証実験には、環境省が4月1日に行う予定だった省令改正(除染土を公共工事に利用)が先送りになったことと深く関わっていたのです。

まずはNHKが3月28日に、『除染土再生利用に向けた法令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り』と、パブリックコメントに寄せられた多数の反対意見から、環境省が省令改正を先送りにしたことを報じました。
その後を追って、朝日新聞は3月30日に省令改正先送りを報じています。しかし、それから一カ月後の5月2日付の同紙記事『除染土の再利用地で、野菜の試験栽培開始 環境省』では、以下のようになっています。


しかし、地元から「食用作物も育てたい」との声があり、改正を先送りすることを決めた。食用作物は人が口にするため、安全性を改めて調べる必要があり、「実証事業」の中で野菜も育てることにした

先に述べた3月30日の同紙の記事ではNHKの報道内容と違いはありません。以下が、3月30日記事の該当部分です。


4月1日施行を目指していたが、パブリックコメントに「説明不足」など3千件近い意見が寄せられ、引き続き検討することにした

二つの記事にある、先送りの理由「パブリックコメントに寄せられた多数の反対意見」と「食用作物を実証事業に追加」。まったく違う報道内容に、どちらが事実なのかと思っていました。
それが、大島堅一教授が行った行政文書開示請求で開示された文書によって判明しました。5月2日に報じられた「食用作物を実証事業に含めるため」が事実であり、環境省は、パブリックコメントの意見を尊重し、最終的に省令改正を先送りにしたのではなかったことが分かりました。
この事実に、私は環境省には二重に裏切られたと感じます。
一つは報道機関に出した情報が、限りなく偽りに近いと思われること。もう一つは、パブリックコメントによって行政の方針を動かすことができる可能性があると市民に誤解させたこと。
特に、環境省が省令改正の見送りの言い訳をパブリックコメントに求めたことは、「パブリックコメント」という行政上の手続きの信頼を失墜させる行為だと思います。
パブリックコメントを蔑ろにした今回の一件は、福島県内でも大きなニュースとして扱われていません。しかし、行政側が市民の意見を汲んだように見せかけて、実は極秘裏に進めた計画の隠れ蓑にしたという意味で、非常に悪質な案件だと思います。

あべ ひろみ

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

福島県内自治体の持ち込み検査に見るコシアブラの結果

 福島県内の自治体が受け付けている、自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の4月と5月分の結果からコシアブラを抜粋して表を作成しました【表1】…

フリマサイト等で売買される山形県産コシアブラから 食品基準値超が相次ぐ現状について

 ふくしま30年プロジェクトが2021年4月~5月にかけて、フリマサイト(メルカリ、PayPayフリマ、ラクマ)やオークションサイト(ヤフオ…

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

ページ上部へ戻る
Translate »