アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20141/14

たき火禁止令…希望します!!

この三連休は、川崎へ保養に行ってきました。
昼間は子どもたちが散々外遊びをしました。
普段福島では出来ない、たき火をしたり、焼き芋を焼いたり…。

自分が子どもの頃は、それが普通にできていたのに。

秋から冬にかけての楽しみだったのに。
久々のたき火は楽しかったけれど、今福島でそれが出来ない寂しさも、改めて感じました。

震災後、犬の散歩をしながら歩いていると、敷地内で野焼きや、たき火をしているお宅があります。

一度、灰をいただいて来て、測ってみたいものです。
セシウムがたっぷり付いた落ち葉を燃やすことによって、さらに凝縮されたセシウムが再浮遊します。
今は近所でも、洗濯物を外に干しているお宅がほとんどです。
すぐ横の通りは、子どもたちの通学路等にもなっています。
本当に、やめていただきたいんですよ…(-“-)
たき火は罰金!!くらいに、厳しくならないものですかねぇ。

                                    スタッフ  ま

 

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »