アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20141/6

ネコに小判・お札と原発事故

    人間ってどこに向かっているのだろう。


財布の中のお札を、飼っているうちのネコ、メロンちゃんの頭に乗せてみた。

   う~ん、似合わない。

 まさしくネコに小判だ。

     何も持たないで生きている。

                   かっこいい。

   飼い猫なので餌はもらえるけど、それにしても、いい。

   去年からずっと断捨離をしている私。

     ベッドをなくしたり、思い出の洋服を捨て、本も厳選して処分。

       捨てられないものの一つにCDがある。

       いまは、携帯電話からでも昔の曲が聴けるのになぜ捨てられないのか。

          好きな曲を忘れるのが恐い。

 忘れるくらいならたいした好きでもないような気もするが、

               なんか忘れたくない何かがあるんだろう。

   あの時、あんなことがあったなあ、とかそういう感覚。

          あとはもらったタオルとか鍋、ぬいぐるみとか、毎年行く陶器市で買う素敵な器。

     亡くなった両親の思い出の品もある。

                 震災後すぐは、

                
         私、リュックひとつで旅ができるわ

 
       と思っていたが

        また、いわゆる普通に戻ってしまってガッカリしている。

 年末に友人の家の断捨離に行き、今週末にも別な友人から断捨離要請があり行く予定。

       もし、また

       福島の原発で何かあったら

       すぐ逃げなければならない。

       その時は、身一つだろうが、バッグにだけ入る

    本当に大事なものを 厳選しておかなければならない。

   そのほかの問題のひとつとして、

                 4匹いるネコをどうやってつれていくのか

                 ということもあるんだよ 。

それから、

実は、写真もだいぶ減らした。

子どもを撮ったビデオも。

最近気づいたのだが

私は、過去のことをあまり振り返らないタイプらしい。

近所の親しい友人とそういう結論になった。

子どものビデオなんて一度も見たことがない。

 ということは、これからも見ないような気がする。

 今はやりたいことがたくさんあるから、あと30年位しか生きられないとなると短いと

この間、少しだけ焦り、友人に、いつまで生きるつもりかと問いただされた。

 今年は、野生の生き物に近づきたい。

  あまり大きい声では言えないが。

      健康第一、心も体も

       
                     e えみこ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »