アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20136/7

苦しみの中で生きる人

ここにいると

色んな人と関わり

多様な意見を聞く

  放射能の問題はかなり大きい出来事だったに間違いはないけれど

ときどき
     かつての戦争やいまも世界中の非常に悲しい出来事と比べてしまう

産地を選んで、つまりフードマイレージをかけて食品を購入する

日本の水道は世界でも類をみないほど綺麗(塩素はやばいが)だけど、水まで買い
休みの日には、放射能を避けるために何百万円もする車に乗って保養をする

    なにかと比較して良いとか悪いとか

            幸せとか不幸とか

             なんがなんだかわからない

        保養に行くなとも、水を買うなとも言わないが

    今、幸せ

         と、思うことができなければ

     本当の幸せや心の安定が得られないと思うし

                  大事な免疫力も下がってしまう

      なにより

        自分の人生を生きることができない

そんなこと言っているわたしも

かつては

第一原発原発の爆発以降

行政や学校にどれほど怒りをぶちまけたことか

みんな大変な中で

自分にやれるべきことをやってきたのだ
              そして少しづつ消化してきた


  2年が過ぎ

   次のステージに突入したように思う



話す人々が違う問題を口にする

       言葉にまだ出ない

          絞り出す途中の人もいる

             遠くに住んでいる人達にはわからないと思う

             でも、わかる努力をしてもらいたいと

                    私たちは思ってしまうのである

      ちなみに、私はいま とても しあわせ である

                                 e えみこ

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »