アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

兵庫県宝塚でのうちのゴミの値はいかに

       兵庫県宝塚市の住宅で

        2012年3月~1年間溜めた掃除機のゴミ

                  掃除機は新品のものを宝塚市から借りたもの
           セシウム134 146±6.80Bq/kg

           セシウム137 345±10.3Bq/kg

合計 491Bq

                       約500Bqかぁ

         実際のゴミは96.9gだから

                    50Bq                         ってことみたいだけど

                 福島と行き来は家族全員合わせて

                    11往復



                                 結構 運んだね

         あっちでお友達になったおうちにも運んでしまったのかも

   改めて身近に放射能汚染があるんだなと思いました

保養で使わせていただいた大阪府枚方市の

    おうちのゴミも数Bqあるわけだから
                      当然か わたしの家も玄関の空間線量が一番高い、0.3μsvはある

          (ちなみに洗面所の窓側がうちの中で一番高い0.4μsv)

                      慣れてしまったから気にしてないのが現実

     一度、きちんと水洗いしたほうがいいと思いながらやってない

          床は時折水ぶきはしているものの、もっと丁寧にやらないとだね

      慣れって怖いね

                      何を気をつけたらいいかっていうと

       みんな普通の主婦は汚染されていない食べ物を食べること
                 ホットスポットの近づかない
                    くらいしか思いつかない

    側溝とか雨どいとかは線量高そう

                   みたいな話にはなるけど

           なにか気をつけているかというと

                  ホットスポットは一体どこ?

                      本当のことを知ってしまったら住めない

                        とみんな話す

        だから、本当のことを知ることが


   みんなの望みとは

           違うのかもしれないのだ

      幸か不幸か

         私は色々聞いてもあまり気にならないような気がする

              だから一応知りたい

       都合のいいところだけインプットしてるのかもしれない

  とにかく、人や物について放射能は移動する

          風に乗って移動する

                見えないけれど

          見えなくて良かったといまつくづく思う

                また立ち上がるために


                          e えみこ
Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »