アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20173/22

チャンスク2周年 子ども祭

 CHANEL SQUAREのオープン2周年記念イベントとして、「子ども祭」が3月11日(土)~12日(日)10:00〜18:00の日程で開催されました。この二日間のイベントでは、子どもたちのために各種ワークショップや職業、バランススポーツ体験などの様々な催しが企画されました。
 ふくしま30年プロジェクトは、「子ども祭」に職業体験の企画で参加しました。子どもたちが、山形県大江町で田植えと稲刈りをしたもち米で作った「玄米餅のいそべ焼き」を、彼らに実際に販売してもらうというものです。


写真左:2016年5月の田植え風景、写真右:同年9月の稲刈り。大江町の農家さんの講義を聞き入る子どもたち。

写真左:もち米を加工して「玄米餅」として販売(1パック9個入り500円)、写真右:「玄米餅」をホットプレートで加熱中

砂糖醤油で味付けした「玄米餅のいそべ焼き」

「いそべ焼き」を作っている一コマ。すでにお餅を食べいている子もいます。

大江町でお世話になっている「大江町山里交流館 やまさぁーべ」の佐々木さん(写真中央右)も手伝いに来てくれました。

 子どもたちは、ふくしま30年プロジェクトのカウンターでのレジ打ちや、売り子として館内を回ったりと、1時間交代で「いそべ焼き」販売の体験をしました。昨年5月、自分たちで苗を植えるところから始まって、9月に稲を刈り、そして最後に餅の販売をするという一連の体験は、中々に得がたいものだと思います。
 今回の「子ども祭」では日程的なこともあり、田植えや稲刈りをした子ども全員がこの販売体験に参加できたわけではありません。しかし、ふくしま30年プロジェクトとしては、今後も田植えからの一連の体験事業を継続していきますので、次年度は今回参加できなかった子や、新たに参加したいという子どもたちの参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。


 佐原はアロマスプレー作りのワークショップを開催し、こちらも、たくさんの子どもたちが参加してくれました!


(あべ ひろみ)

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »