アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

 

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20173/22

チャンスク2周年 子ども祭

 CHANEL SQUAREのオープン2周年記念イベントとして、「子ども祭」が3月11日(土)~12日(日)10:00〜18:00の日程で開催されました。この二日間のイベントでは、子どもたちのために各種ワークショップや職業、バランススポーツ体験などの様々な催しが企画されました。
 ふくしま30年プロジェクトは、「子ども祭」に職業体験の企画で参加しました。子どもたちが、山形県大江町で田植えと稲刈りをしたもち米で作った「玄米餅のいそべ焼き」を、彼らに実際に販売してもらうというものです。


写真左:2016年5月の田植え風景、写真右:同年9月の稲刈り。大江町の農家さんの講義を聞き入る子どもたち。

写真左:もち米を加工して「玄米餅」として販売(1パック9個入り500円)、写真右:「玄米餅」をホットプレートで加熱中

砂糖醤油で味付けした「玄米餅のいそべ焼き」

「いそべ焼き」を作っている一コマ。すでにお餅を食べいている子もいます。

大江町でお世話になっている「大江町山里交流館 やまさぁーべ」の佐々木さん(写真中央右)も手伝いに来てくれました。

 子どもたちは、ふくしま30年プロジェクトのカウンターでのレジ打ちや、売り子として館内を回ったりと、1時間交代で「いそべ焼き」販売の体験をしました。昨年5月、自分たちで苗を植えるところから始まって、9月に稲を刈り、そして最後に餅の販売をするという一連の体験は、中々に得がたいものだと思います。
 今回の「子ども祭」では日程的なこともあり、田植えや稲刈りをした子ども全員がこの販売体験に参加できたわけではありません。しかし、ふくしま30年プロジェクトとしては、今後も田植えからの一連の体験事業を継続していきますので、次年度は今回参加できなかった子や、新たに参加したいという子どもたちの参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。


 佐原はアロマスプレー作りのワークショップを開催し、こちらも、たくさんの子どもたちが参加してくれました!


(あべ ひろみ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

ページ上部へ戻る
Translate »