アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20173/22

チャンスク2周年 子ども祭

 CHANEL SQUAREのオープン2周年記念イベントとして、「子ども祭」が3月11日(土)~12日(日)10:00〜18:00の日程で開催されました。この二日間のイベントでは、子どもたちのために各種ワークショップや職業、バランススポーツ体験などの様々な催しが企画されました。
 ふくしま30年プロジェクトは、「子ども祭」に職業体験の企画で参加しました。子どもたちが、山形県大江町で田植えと稲刈りをしたもち米で作った「玄米餅のいそべ焼き」を、彼らに実際に販売してもらうというものです。


写真左:2016年5月の田植え風景、写真右:同年9月の稲刈り。大江町の農家さんの講義を聞き入る子どもたち。

写真左:もち米を加工して「玄米餅」として販売(1パック9個入り500円)、写真右:「玄米餅」をホットプレートで加熱中

砂糖醤油で味付けした「玄米餅のいそべ焼き」

「いそべ焼き」を作っている一コマ。すでにお餅を食べいている子もいます。

大江町でお世話になっている「大江町山里交流館 やまさぁーべ」の佐々木さん(写真中央右)も手伝いに来てくれました。

 子どもたちは、ふくしま30年プロジェクトのカウンターでのレジ打ちや、売り子として館内を回ったりと、1時間交代で「いそべ焼き」販売の体験をしました。昨年5月、自分たちで苗を植えるところから始まって、9月に稲を刈り、そして最後に餅の販売をするという一連の体験は、中々に得がたいものだと思います。
 今回の「子ども祭」では日程的なこともあり、田植えや稲刈りをした子ども全員がこの販売体験に参加できたわけではありません。しかし、ふくしま30年プロジェクトとしては、今後も田植えからの一連の体験事業を継続していきますので、次年度は今回参加できなかった子や、新たに参加したいという子どもたちの参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。


 佐原はアロマスプレー作りのワークショップを開催し、こちらも、たくさんの子どもたちが参加してくれました!


(あべ ひろみ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」Part2

7月16日に、山田真先生の講演会を中心にして開催した交流会の第二弾となります。前回、好評を博したアレルギーの話など、日々お母さん方が疑問に思…

ページ上部へ戻る
Translate »