アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20173/22

チャンスク2周年 子ども祭

 CHANEL SQUAREのオープン2周年記念イベントとして、「子ども祭」が3月11日(土)~12日(日)10:00〜18:00の日程で開催されました。この二日間のイベントでは、子どもたちのために各種ワークショップや職業、バランススポーツ体験などの様々な催しが企画されました。
 ふくしま30年プロジェクトは、「子ども祭」に職業体験の企画で参加しました。子どもたちが、山形県大江町で田植えと稲刈りをしたもち米で作った「玄米餅のいそべ焼き」を、彼らに実際に販売してもらうというものです。


写真左:2016年5月の田植え風景、写真右:同年9月の稲刈り。大江町の農家さんの講義を聞き入る子どもたち。

写真左:もち米を加工して「玄米餅」として販売(1パック9個入り500円)、写真右:「玄米餅」をホットプレートで加熱中

砂糖醤油で味付けした「玄米餅のいそべ焼き」

「いそべ焼き」を作っている一コマ。すでにお餅を食べいている子もいます。

大江町でお世話になっている「大江町山里交流館 やまさぁーべ」の佐々木さん(写真中央右)も手伝いに来てくれました。

 子どもたちは、ふくしま30年プロジェクトのカウンターでのレジ打ちや、売り子として館内を回ったりと、1時間交代で「いそべ焼き」販売の体験をしました。昨年5月、自分たちで苗を植えるところから始まって、9月に稲を刈り、そして最後に餅の販売をするという一連の体験は、中々に得がたいものだと思います。
 今回の「子ども祭」では日程的なこともあり、田植えや稲刈りをした子ども全員がこの販売体験に参加できたわけではありません。しかし、ふくしま30年プロジェクトとしては、今後も田植えからの一連の体験事業を継続していきますので、次年度は今回参加できなかった子や、新たに参加したいという子どもたちの参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いします。


 佐原はアロマスプレー作りのワークショップを開催し、こちらも、たくさんの子どもたちが参加してくれました!


(あべ ひろみ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

201911/3

【告知】2019レクチャーシリーズ 清水奈名子准教授『なぜ政府は被災者を積極的に守らないのか』

先ごろ、福島県から群馬県に避難した住民が国と東電に起こした群馬訴訟の控訴審において、国側が用意した準備書面に次のような表現がありました。自主…

201911/2

【告知】原発事故アーカイブ施設「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年1月11日(土)に、東京電力廃炉資料館(富岡町)とコミュタン福島(三春町)を見学するバスツア…

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

告知

20199/14

【告知】山形県大江町 やまさぁーべ稲刈りキャンプ

いよいよ収穫の秋! 6月1日に田植えキャンプで植えた稲を、 今回は刈り取ります。 芋煮会もやるよ! 今回はブッシュクラフト! (初…

告知

20198/29

【告知】市民講座 アンドレアス・シングラー氏講演会 ドイツから学ぶ、再生可能エネルギーの未来と課題

1961年南ドイツ生まれ。1987年以来フリーランスのジャーナリストとして、スポーツのドーピングや薬物乱用問題な…

ページ上部へ戻る
Translate »