アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 「子どものからだを考える – 自然治癒力、免疫を中心に」

 わたしたちの腸内には様々な細菌がいて、その数は約100 兆個もあり、それらの細菌の集まりは腸内細菌叢( そう)と呼ばれています。その腸内の細菌が、人にとって生まれたときからの免疫を担っているのではないかと言われています。
 また、自然治癒力とは、人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す言葉です。しかし、抗生物質の処方のしすぎが自然治癒力の一つである腸内細菌叢( そう) の乱れを起こし、免疫に影響を与えている可能性がある。この、現代医療が抱える矛盾について、健全な子どもの育成を主眼に山田真氏にお話ししていただきます。

平成29年度は、上記テーマによる山田真氏の講演会を全3回で行う予定です。
今回は、その第1回になります。

講演:山田真氏 (八王子中央診療所理事長 、子どもたちを放射能から守る小児科医ネットワーク代表)
日時:4月23日 (日) 13時30分~15時30分
場所:サンライフ福島 和室 (福島市北矢野目檀ノ腰6-16)

《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト
お申込みは電話(024-573-5697)か、下記フォームよりお願いします。

【申し込み専用メールフォーム】
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=2001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »