アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20134/9

どうしたんだ!?福島民友

今日の福島民友の2面は衆議院原子力問題特別委員会での、元国会事故調査委員への参考人聴取の大特集となっています。
その上、福島民報をはじめ他新聞では「収束していない」を見出しにしているのですが何故か福島民友では崎山さんの閾値なし直線モデルにフォーカスした記事になっています。
この閾値なし直線モデルを福島県内マスコミが取り上げたのは初めてではないでしょうか?
この考え方は県内マスコミではご法度と思っていたので、今日は記事を見て我が目を疑いました。
ただ、記者の目は崎山さんは一つの説を言っているという風にまとめていて、「過小評価と主張」の見出しにそれが表れているかと思います。
それと、「科学的議論進まず」も記者がミスリードを狙っている。
本文では崎山さんは政治、経済的理由で住民の健康安全をないがしろにしていると言っているのですが科学の議論に話がすり替えられています。
それは置いておいても、崎山さんにフォーカスした記事を中心に持ってくるという事は福島民報(ベクレルの嘆きが顕著)とは反対の位置をとる事になります。
民友はこれからもこの路線を選択し続けるのでしょうか?
今までも甲状腺検査の発表等、福島民報とは一線を画していましたので、こうなったらいっそのことこのまま振り切れてくれよとも思います。
個人的に両紙を読み比べるのが楽しみですので今後も福島県(庁)への批判を含めて民友にはこの路線でお願いしたいものです。
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

ページ上部へ戻る
Translate »