アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20144/14

福島でお花見

さてお花見の季節まっただ中で、とても気持ちの良い陽射しが朝から感じられますね。

そんなことで

4月12日土曜日に 福島市大森にある城山公園に桜を見に、& みそおでん
(こんにゃくの味噌田楽) を食べに行ってきました。

放射線量はどのくらいあるのか

と、気になりながら震災以降初めての城山。

私が生まれ育った場所なので思い入れも強く、子どもに秘密の場所も教えたくて行ったのだが

毎時 0,3μsv~0.8μsv
高い・・・

自宅と変わらないのだけど、こっちの方がショックが強い。

綿あめと、200円のなっちゃんと、みそおでんを買い一応座って食べた。

シートを敷いてお花見をしていたのは5組くらいで、あとは一通り用を済ませて帰るという

流れだった。

ここで欠かせないのが、『弁慶の足跡』と呼ばれる石碑。

53センチの足跡が石に刻みこまれている。

これを見せようと次男に話したところ

「べんけいってなに?」

あああああああ

それがわからねば何の感動も生まれまい。

私のせいだわぁぁぁぁぁぁぁぁあ。

とりあえず、でかい足跡という ことだけ覚えてもらって 帰ってから復習。

ここは除染しないのかな。

公園という枠に入ってないのか。

せめて

0.1くらいにならないか。
願いながら       寝た。
e えみこ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »