お知らせ情報

アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

201312/16

福島弁でなりきって読んでね

ひさびさの更新です。
福島市の今朝の道路はツルツルで10km先の小学校まで1時間20分かかり、
マニュアル車なんで左足がプルプルしています。
以下  福島弁で書いてます。

帰村宣言が出された川内村。

 郡山市の仮設住宅に避難している川内村のお年寄りの方々が、
保証金10万円も打ち切りられている現状がある。
お仕事もなく、非常に厳しい生活。

元のお家は地震と空き家にしていることでとても住める状態ではないってよぐ聞ぐ。

 畑や米を作り、土や土地に足をしっかりつけて生きてきて急に奪われたこの悲しみと怒り
当事者しかわがんねべな。

どうやって気持ちに折り合いをつけていんだべ、と考える。

         考えれば考えるほど深みにはまるのもわがるし、

     鬱状態の人がかなり増えできてるって さっき友達に聞いだんだげど

                  わがる~。

私だって、たまにおがしぐなりそうになるもんね。

   そんな時は、おっきい声だすんで家族が、まだ始まったという顔をする。
 とりあえず雪んどぎは、遮蔽されて放射線量がさがっから、なんとなく
ほんのすごしだげど安心する母心でした。

                       e えみこ

Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »