アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20135/24

甲状腺の検査しました(福島市在住)46歳 女性

この間の日曜日
甲状腺のエコー検査をした

主人は(40歳)

福島第一原子力発電所の爆発後も福島市岡部地区など外での仕事をしていたわりには、
2ミリ程度の嚢胞が2つ
思ったより少ない

何はともあれ

良かった7歳の次男と私は昨年1年間、関西に避難していたからか

とても綺麗だった

私にいたっては
見本になると言われ、笑いが出るほど

昨年夏に福島県で実施したエコーで

中3の長男も何もなく一安心したものの
ほんとのところはどうなのよ
と思っていたので今回受診できて本当に良かった

ただ

もともと甲状腺の機能が弱い知人がいる
事故以来、色んな不定愁訴が表れている
と、感じているのも事実

その方のお子さんは、A-2判定

嚢胞がある
気をつけている方の家族ではある

被害は全員に一律ではないだろう

確立的に当たるわけでもないだろう

ようするに

自分の弱いところにくる
でる
のだと思う

どう体を守るのか

自分の弱いところをまずは知ることが予防の最善の方法だろう

  周りから

やっぱ、避難 じゃね?!
    と言われるのは とりあえず
                         無視 しておこう

                              e えみこ

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »