アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20144/7

女子中学生が言ったこと

『うちらはもう放射能気にしてないよ』
そう言って 一呼吸おいて
『 あッ 気にしてるときと、気にしてないときがあるかな。』
と、付け足した。

保養に参加しているのだから、心の奥底では 少しは気になっているのだろう  か 。

なんにせよ
少しの間だけでも
線量の低い地域に行くことは成長期の子供たちにとって必要である。

知人に、数日間の保養で意味があるのかと聞かれ

『 私は、ある意味日焼けと一緒だと思ってるよ。

   毎日ビーチで肌を焼くのと、数日間休ませるのでは違うのでは?』
と、答えている。

この見解は厳密にいえば正しくないかもしれない。

でも、説得力があるらしい。
あんまり難しく言うと、聞きたくないモード突入になる。
私もその一人だ。

お世話になった保養団体をはじめ

どこも時間経過をはじめとする意識の薄さでいろいろな意味で大変である。

 私はいつまでも保養にくっついていきたいなあ。

出会うはずのなかった人たちと会えるのが本当に楽しい。

信頼を得て
こどもたちの放射能に関する精神的なフォローをしたいと思うのは
もしかしたら大人のエゴなのかもしれない。
そんな堅いものではなくて
こどもの中に入って
こどもになっていくことが望まれているのでは
    などと思った春休みの保養でした。

                e えみこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」Part2

7月16日に、山田真先生の講演会を中心にして開催した交流会の第二弾となります。前回、好評を博したアレルギーの話など、日々お母さん方が疑問に思…

告知

【告知】木村真三先生に教えてもらう、『こども放射線ワークショップ2018』を開催します ! !

10月14日(日)に、木村真三先生に教えてもらう「こども放射線ワークショップ2018」を開催します。 『測って、知…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 発酵ワークショップ Vol.08 ~「風と木」の智恵子さんに教わる美味しい玄米甘酒~

※9月8日(土) ふくしまくらす交流会は定員に達したため、受付を終了いたしました。 当日受付分もお受けできませんのでご了承ください。 …

告知

20187/30

【告知】牛山元美医師 勉強会「甲状腺がんの今」

牛山元美医師(さがみ生協病院内科部長)を招いての勉強会の開催します。 …

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『震災後の生活について考えよう – 生活に密着した放射能測定2018 – 』

原発事故から7年が経ちました。身の回りの放射線量も以前より下がってきましたが、皆さんは洗濯物や掃除機のゴミパックなどにある放射性セシウムの量…

ページ上部へ戻る
Translate »