アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20144/7

女子中学生が言ったこと

『うちらはもう放射能気にしてないよ』
そう言って 一呼吸おいて
『 あッ 気にしてるときと、気にしてないときがあるかな。』
と、付け足した。

保養に参加しているのだから、心の奥底では 少しは気になっているのだろう  か 。

なんにせよ
少しの間だけでも
線量の低い地域に行くことは成長期の子供たちにとって必要である。

知人に、数日間の保養で意味があるのかと聞かれ

『 私は、ある意味日焼けと一緒だと思ってるよ。

   毎日ビーチで肌を焼くのと、数日間休ませるのでは違うのでは?』
と、答えている。

この見解は厳密にいえば正しくないかもしれない。

でも、説得力があるらしい。
あんまり難しく言うと、聞きたくないモード突入になる。
私もその一人だ。

お世話になった保養団体をはじめ

どこも時間経過をはじめとする意識の薄さでいろいろな意味で大変である。

 私はいつまでも保養にくっついていきたいなあ。

出会うはずのなかった人たちと会えるのが本当に楽しい。

信頼を得て
こどもたちの放射能に関する精神的なフォローをしたいと思うのは
もしかしたら大人のエゴなのかもしれない。
そんな堅いものではなくて
こどもの中に入って
こどもになっていくことが望まれているのでは
    などと思った春休みの保養でした。

                e えみこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『震災後の生活について考えよう – 生活に密着した放射能測定2018 – 』

原発事故から7年が経ちました。身の回りの放射線量も以前より下がってきましたが、皆さんは洗濯物や掃除機のゴミパックなどにある放射性セシウムの量…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」

福島県内の子どもたちは、東日本大震災・原発事故後の不安要素から運動不足になりがちで、肥満などの健康によくない状況にあります。 子どもたちの…

20185/30

《 ご報告とご挨拶 》

みなさまへ 先週末の理事会にて、 【認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト】の理事長に就任いたしました。 東日本大震災、並…

告知

20185/27

理事長交代のご挨拶

謹啓 残春の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は私共の活動にご理解とご協力を頂いておりますこと厚く御礼申し上げ…

告知

20184/21

【告知】木村真三氏勉強会「8年目の福島と32年目のチェルノブイリ」

講演:木村真三 氏 テーマ:甲状腺癌 日時:5月26日(土) 14時00分~17時00分 (開場13時40分) 会…

ページ上部へ戻る
Translate »