アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20173/4

『広河隆一 人間の戦場』上映&アフタートーク「チェルノブイリと福島」

 本日3月4日に、福島市曽根田にある「フォーラム福島」で開催された、フォトジャーナリスト広河隆一さんを追うドキュメンタリー映画『広河隆一 人間の戦場』上映&アフタートーク「チェルノブイリと福島」に参加しました。

 フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」の元編集長であり現発行人の広河さんが、永年のジャーナリスト活動を通じて何を伝えたかったのか、映画を観ていて何度も頷けるところがありました。劇中、広河さんは、戦争とは銃を持って戦うだけのことを指すのではなく、写真という記録を残し、伝えていくことも戦いだとおっしゃっています。

心に響きました。

そして、わたしも、放射能を測定したデータや市民の声を残し、伝えていくという戦いに加わっているんだという想いにも気付きました。

 2011年の原発事故当初に、「ふくしま30年プロジェクト」は、広河さんが立ち上げた「DAYS放射能測定器支援募金」から放射能測定機器の支援をしていただきました。そして、福島の子どもたちのための保養プロジェクト「沖縄・球美(くみ)の里」も広河さんの活動の一つです。広川さんの様々な活動を通して、世界中の戦場で翻弄される子ども、そして、原発事故による放射能災害に遭ったチェルノブイリや福島の子どもたちへの愛を感じます!

 このドキュメンタリー映画も、ぜひ、多くの方に観ていただきたい作品です。「フォーラム福島」での上映は3/4(土)〜3/10(金)までですので、ご興味のある方は劇場まで足をお運びください。

(さはら まき)

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »