『広河隆一 人間の戦場』上映&アフタートーク「チェルノブイリと福島」 | 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト

アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20173/4

『広河隆一 人間の戦場』上映&アフタートーク「チェルノブイリと福島」

 本日3月4日に、福島市曽根田にある「フォーラム福島」で開催された、フォトジャーナリスト広河隆一さんを追うドキュメンタリー映画『広河隆一 人間の戦場』上映&アフタートーク「チェルノブイリと福島」に参加しました。

 フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」の元編集長であり現発行人の広河さんが、永年のジャーナリスト活動を通じて何を伝えたかったのか、映画を観ていて何度も頷けるところがありました。劇中、広河さんは、戦争とは銃を持って戦うだけのことを指すのではなく、写真という記録を残し、伝えていくことも戦いだとおっしゃっています。

心に響きました。

そして、わたしも、放射能を測定したデータや市民の声を残し、伝えていくという戦いに加わっているんだという想いにも気付きました。

 2011年の原発事故当初に、「ふくしま30年プロジェクト」は、広河さんが立ち上げた「DAYS放射能測定器支援募金」から放射能測定機器の支援をしていただきました。そして、福島の子どもたちのための保養プロジェクト「沖縄・球美(くみ)の里」も広河さんの活動の一つです。広川さんの様々な活動を通して、世界中の戦場で翻弄される子ども、そして、原発事故による放射能災害に遭ったチェルノブイリや福島の子どもたちへの愛を感じます!

 このドキュメンタリー映画も、ぜひ、多くの方に観ていただきたい作品です。「フォーラム福島」での上映は3/4(土)〜3/10(金)までですので、ご興味のある方は劇場まで足をお運びください。

(さはら まき)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

20187/30

【告知】牛山元美医師 勉強会「甲状腺がんの今」

牛山元美医師(さがみ生協病院内科部長)を招いての勉強会の開催します。 …

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『震災後の生活について考えよう – 生活に密着した放射能測定2018 – 』

原発事故から7年が経ちました。身の回りの放射線量も以前より下がってきましたが、皆さんは洗濯物や掃除機のゴミパックなどにある放射性セシウムの量…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」

福島県内の子どもたちは、東日本大震災・原発事故後の不安要素から運動不足になりがちで、肥満などの健康によくない状況にあります。 子どもたちの…

20185/30

《 ご報告とご挨拶 》

みなさまへ 先週末の理事会にて、 【認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト】の理事長に就任いたしました。 東日本大震災、並…

告知

20185/27

理事長交代のご挨拶

謹啓 残春の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は私共の活動にご理解とご協力を頂いておりますこと厚く御礼申し上げ…

ページ上部へ戻る
Translate »