アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201511/28

第58回 日本甲状腺学会学術集会市民公開講座 「放射線と甲状腺、震災後4年を経て」に参加して

 11月7日の市民公開講座は、山下俊一氏(長崎大、福医大)と鈴木真一氏(福医大)両氏の司会のもと福島市で開かれました。
 最初の「甲状腺の働きとその異常」(医学博士 村上司氏)は、乳頭ガンの画像を紹介しながらの解説で、分かりやすいものでした。「外科の立場から見た甲状腺疾患~チェルノブイリ原発事故後の検診経験と福島事故後の現状〜」(日大 清水一雄氏)では、胸のあいた服でも傷がわからないように、鎖骨のかなり下にメスを入れる方法があることを紹介していました。「放射線被ばくと甲状腺」(長崎大 高村昇氏)では、
①被曝量は大したことないこと(ガラスバッチでの実測値よりもかなり低い値であり、回収率が30%未満?の線量調査であるにもかかわらず)
②線量からすると原発事故との因果関係は考えにくいという、相変わらずの内容でした。最後は「震災後の住民とのコミュニケーションの形」(福医大 松井史郎氏)と題しての報告でした。県外から医大に来た方で、「これからも少人数での説明会を進めていくよう、安全だ安心だとは言わないことが信頼につながると悟った」と話していました。
 録音も撮影も禁止で、資料もなし。最後の質問のコーナーについても、基本は発表者への質問となっていたのですが、この時とばかりに市民から山下氏本人への質問が相次いぐ状態になりました。しかし、それを高飛車に蹴った山下氏のまとめは「市民とのコミュニケーションをとっていきましょう。」でした。小ホールはガラガラ。いろいろな意味で参考になった講座でした。
                               (さとう さなえ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました…

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

ページ上部へ戻る
Translate »