アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201511/30

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果 2013/5/28現在~2015/9/30現在

2015年11月30日に開催された福島県「県民健康調査」検討委員会での配布資料より、甲状腺検査の本格検査分を抜粋しました。

配布資料(甲状腺検査)から「県民健康調査「甲状腺検査(本格検査)」実施状況」 より抜粋した分です。

細胞診等結果

穿刺吸引細胞診を行った方のうち、39人が「悪性ないし悪性疑い」の判定となった。
39人の性別は男性16人、女性23人であった。また、二次検査時点での年齢は10歳から22歳(平均年齢は17.1 ± 3.2歳)、腫瘍の大きさは5.3mmから30.1mm(平均腫瘍径は9.6 ± 4.6mm)であった。
なお、39人の先行検査の結果は、A判定が37人(A1が19人、A2が18人)、B 判定が2人であった。

細胞診結果(平均年齢と平均腫瘍径の( )内は範囲を示す)

 平成26年度実施対象市町村、平成27年度実施対象市町村計

 ・悪性ないし悪性疑い 39人(手術実施15人:乳頭癌15人)

 ・男性:女性 16人:23人

 ・平均年齢 17.1 ± 3.2歳(10-22歳)、震災当時13.2 ± 3.2歳(6-18歳)

 ・平均腫瘍径 9.6 ± 4.6㎜(5.3-30.1㎜)

 

細胞診等で悪性ないし悪性疑いであった39人の年齢、性分布


 

 

実施対象年度別市町村結果

前回から増加したのは、南相馬市1人、伊達市1人、本宮市1人、郡山市9人、白河市1人、いわき市1人という結果でした。下の表では、その自治体の増加人数を+(プラス)をつけて書いています。

2014年度実施対象市町村

 一次検査受診者 (人)
二次検査対象者 (人)
二次検査対象者
の割合(%)
二次検査受診者 (人)悪性ないし悪性 疑い
(人)ウ
悪性ないし
悪性 疑いの割合
(%) ウ/ア
川俣町1,729201.21800
浪江町2,325271.22220.09
飯舘村750141.91100
南相馬市8,530740.9623 (+ 1)0.04
伊達市9,004830.9747 (+ 1)0.08
田村市4,8275014020.04
広野町62381.3700
楢葉町91840.4400
富岡町1,749231.31600
川内村20121100
大熊町1,554100.61010.06
双葉町58820.3000
葛尾村14121.4200
福島市41,9713260.827080.02
二本松市7,664540.74410.01
本宮市4,692310.7262 (+ 1)0.04
大玉村1,23440.3400
郡山市45,5893400.723110 (+ 9)0.02
桑折町1,571140.9910.06
国見町1,19780.7600
天栄村766111.4300
白河市9,053550.6411 (+ 1)0.01
西郷村2,996240.81700
泉崎村93720.2100
三春町2,2982311300
小計152,9071,2110.8932380.02

 

2015年度実施対象市町村

 一次検査受診者 (人)
二次検査対象者 (人)
二次検査対象者
の割合(%) イ/ア
二次検査受診者 (人)悪性ないし
悪性 疑い(人)ウ
悪性ないし
悪性 疑いの割合(
%) ウ/ア
いわき市22,3951130.5141 (+ 1)0
須賀川市10,573700.72900
相馬市4,327200.51400
鏡石町1,828120.7400
新地町964131.3700
中島村9933200
矢吹町34292.6500
石川町15032100
矢祭町3800000
浅川町8633.5300
平田村7911.3000
棚倉町14232.1100
塙町8722.3200
鮫川村2000000
小野町16831.8100
玉川村12610.8000
古殿町4700000
檜枝岐村4900000
南会津町1,43660.4400
金山町9800000
昭和村5700000
三島町8100000
下郷町50900000
喜多方市9500000
西会津町1000000
只見町41430.7000
猪苗代町1,40550.4300
磐梯町30700000
北塩原村27500000
会津美里町3612.8000
会津坂下町3500000
柳津町27200000
会津若松市30810.3100
湯川村700000
小計46,8652720.69110
合計199,7721,4830.71,023390.02


2015_1130-4_2

上記の地図は、悪性ないし悪性疑いの152例を広域行政圏で分けて10万人あたりの人数で書きこんでいます。152例としていますが、元資料に「細胞診結果において悪性疑いで、手術後良性であった1 人は含めない」となっていて、良性だった方の出身地は発表されていませんので、実際は151例から作成したものです。


そして、「GeoFUSE」を利用して「甲状腺検査」の市町村別悪性ないし悪性疑い結果を時系列で見れるようにマップを作成しました。こちらは2巡目の人数も足して表示させています。
2013年7月31日現在分から本日発表された2015年9月30日現在分までの「甲状腺検査」の結果の流れが見えます。また、表にまとめたものも掲載しています。

ちなみに「GeoFUSE」に採用されているマップは「平成の大合併」が田村市、会津三里町以外は反映されていないので、旧市町村の区分けを現市町村に当てはめて登録しました。

2015-1130_geo2

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果
2013/7/31現在~2015/9/30現在(2巡目足し)

2015-1130_geo

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果
広域行政圏Ver. 2013/7/31現在~2015/9/30現在(2巡目足し)

 

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果 2013/5/28現在~2015/9/30現在(2巡目足し)(人)

市町村2014年
10月31日
現在
(2巡目足し)
2014年
12月31日
現在
(2巡目足し)
2015年
3月31日
現在
(2巡目足し)
2015年
6月30日
現在
(2巡目足し)
2015年
9月30日
現在
(2巡目足し)
川俣町22222
浪江町23345
飯舘村00000
南相馬市22345
伊達市34589
田村市45555
広野町00000
楢葉町00000
富岡町11111
川内村11111
大熊町22222
双葉町00000
葛尾村00000
福島市1314182020
二本松市55666
本宮市33345
大玉村22222
郡山市2525252635
桑折町00011
国見町00000
天栄村00000
白河市66667
西郷村11111
泉崎村11111
三春町11111
いわき市2122232425
須賀川市44444
相馬市00000
鏡石町00000
新地町00000
中島村00000
矢吹町00000
石川町11111
矢祭町00000
浅川町00000
平田村11111
棚倉町11111
塙町00000
鮫川村00000
小野町00000
玉川村00000
古殿町00000
桧枝岐村00000
南会津町00000
金山町00000
昭和村00000
三島町00000
下郷町11111
喜多方市00000
西会津町00000
只見町00000
猪苗代町11111
磐梯町00000
北塩原村00000
会津美里町00000
会津坂下町11111
柳津町00000
会津若松市66777
湯川村11111
合計112117126137151

 

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果 2013/5/28現在~2015/6/30現在(人) [先行検査のみ]

市町村2013年
5月28日
現在
2013年
7月31日
現在
2013年
9月30日
現在
2013年
12月31日
現在
2014年
3月31日
現在
2014年
6月30日
現在
2014年
10月31日
現在
2014年
12月31日
現在
2015年
3月31日
現在
2015年
6月30日
現在
川俣町2222222222
浪江町1112222222
飯舘村0000000000
南相馬市2222222222
伊達市2222222222
田村市2333333333
広野町0000000000
楢葉町0000000000
富岡町1111111111
川内村1111111111
大熊町0111111111
双葉町0000000000
葛尾村0000000000
福島市9111212121212121212
二本松市4455555555
本宮市1333333333
大玉村0122222222
郡山市281621232325252525
桑折町0000000000
国見町0000000000
天栄村0000000000
白河市0244666666
西郷村0111111111
泉崎村0001111111
三春町0011111111
いわき市0018141921222324
須賀川市0002344444
相馬市0000000000
鏡石町0000000000
新地町0000000000
中島村0000000000
矢吹町0000000000
石川町0000111111
矢祭町0000000000
浅川町0000000000
平田村0000111111
棚倉町0000111111
塙町0000000000
鮫川村0000000000
小野町0000000000
玉川村0000000000
古殿町0000000000
桧枝岐村0000000000
南会津町0000000000
金山町0000000000
昭和村0000000000
三島町0000000000
下郷町0000111111
喜多方市0000000000
西会津町0000000000
只見町0000000000
猪苗代町0000011111
磐梯町0000000000
北塩原村0000000000
会津美里町0000000000
会津坂下町0000011111
柳津町0000000000
会津若松市0000056677
湯川村0000011111
合計2743587489103108109111112

そして、今回から先行検査の結果が発表されなくなりましたが、前回発表されたデータを引き続き掲載しておきます。

細胞診等結果

穿刺吸引細胞診を行った方のうち、113人が「悪性ないし悪性疑い」の判定となった 。
113人の性別は男性38人、女性75人であった。また、二次検査時点での年齢は8歳から22歳(平均年齢は17.3 ± 2.7歳)、腫瘍径は最小5.1mm から最大45.0mm(平均腫瘍径は14.2 ± 7 .8mm )であった。

平成23~25年度実施対象市町村細胞診結果(平均年齢と平均腫瘍径の( )内は範囲を示す)

 ア 平成23年度実施対象市町村

・悪性ないし悪性疑い 15人(手術実施15人:良性結節1人、乳頭癌13人、低分化癌1人)

・男性:女性 5人:10人

・平均年齢 17.3 ± 2.0歳 (13-20歳)、震災当時15.7 ± 1.9歳(11-18歳)

・平均腫瘍径 14.1 ± 6.6㎜(6.0-33.0 ㎜)

イ 平成24年度実施対象市町村

・悪性ないし悪性疑い 56人(手術実施 52人:乳頭癌 51人、低分化癌1人)

・男性:女性 21人:35人

・平均年齢 17.2 ± 2.7歳 (8-21歳) 、震災当時14.9 ± 2.6歳(6-18歳)

・平均腫瘍径 14.5 ± 7.8㎜(5.2-40.5 ㎜)

ウ 平成25年度実施対象市町村

・悪性ないし悪性疑い 41人(手術実施32人:乳頭癌31人、低分化癌1人)

・男性:女性 12人:29人

・平均年齢 17.3 ± 3.0歳 (11-22歳) 、震災当時14.4 ± 2.9歳(8-18歳)

・平均腫瘍径 14.0 ± 8.4㎜(5.1-45.0 ㎜)

アからウの合計

・悪性ないし悪性疑い113人(手術実施99人:良性結節1人、乳頭癌95人、低分化癌3人)

・男性:女性 38人:75人

・平均年齢 17.3 ± 2.7歳 (8-22歳) 、震災当時14.8 ± 2.6歳(6-18歳)

・平均腫瘍径 14.2 ± 7.8㎜(5.1-45.0 ㎜)

 

悪性ないし悪性疑いの112例を市町村別に福島県の地図(フリー素材)を引き続き掲載しておきます。

2015_0831-2-2

 
「GeoFUSE」を利用して「甲状腺検査」の市町村別悪性ないし悪性疑い結果

Geo2015_0831_01

県民健康調査「甲状腺検査」市町村別悪性ないし悪性疑い結果
2013/7/31現在~2015/6/30現在(2巡目足し)

 

(あべひろみ)

 

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »