アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

【CHANNEL SQUARE】✳︎ 秋祭り ✳︎

10月1日(土)に、二本松市「あだたら高原リゾート」で「CHANNEL SQUARE」主催の『秋祭り』が行われました。

14470496_1011990448917712_5762920278269629375_n

会場となったあだたら高原リゾートでは数日前から準備が行われ、当日の朝にステージの設営が終わりました。

14517412_1011990512251039_5393417734347134947_n

ふくしま30年プロジェクトは「放射線ワークショップ」で出店しました。
どうやら今日は、ゴジラも駆けつけてくれたようです(^^;;

「放射線ワークショップ」には、子どもたちが参加し、放射能クイズと空間線量計を使っての測定を行いました。放射能クイズは10問あったのですが、正解率が非常に高く、放射能の基本的なことが浸透していることが実感できました。

14448881_1011990472251043_5260415802801696144_n

空間線量の高い場所をゴジラが実際に測って発見し、子どもたちに、こういった場所には近づかないよう注意を促しました。窪みになっているので、時間とともに雨水などが流れ込み、集積したようです。

17時からは、アフターキャンプパーティーがありましたが、私たちは日曜日も通常営業がありますので引き上げました。

今後もこういったイベントで「放射線ワークショップ」を出店しますので、その際はよろしくお願いします!!

( あべ ひろみ )

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

ページ上部へ戻る
Translate »