アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201610/23

【報告】 山形県大江町 やまさぁーべ稲刈りキャンプ

 9月24日(土)・25日(日)と、山形県大江町に稲刈り保養キャンプの引率に行ってきました。

14449919_1009042305879193_1803936164060755329_n
14469702_1009042349212522_7804710751177045764_n

 私たちが、春に田植えをしに行った【ふくしま30年プロジェクト】の田んぼには、福島の子どもたちの手で植えた苗が、見事に黄金色に実っていました!
それも、最低限の農薬に抑えた低農薬のもち米です。

14370330_1009042339212523_443969748101690341_n
14484598_1009042379212519_6159598210849383553_n14502932_1009042382545852_4841047212396890873_n
そういう私も、稲刈りは初体験!
子どもたちが大好きな、山梨じゃんじゃんキャンプのスタッフたちも、応援にかけつけてくれました(^ ^)

14449818_1009042515879172_801299447410181246_n

翌日は晴天の中で、リバートレッキング。

14470529_1009042419212515_6940448224822687654_n14469694_1009042475879176_6310860502915883125_n

田んぼで食べた芋煮とおにぎりも、みんなで作った餃子も美味しかった!

 

14495358_1009042575879166_996541715314938831_n

もち米はお餅にして、子どもたちと一緒に東京などで販売することも企画しています。そして、今後も、自然体験をメインにした保養を企画していきたいと考えています。

( さはらまき )

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »