アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ふくしまくらす交流会

【報告】 ふくしまくらす交流会 ~「風と木」の智恵子さんに教わる美味しい玄米甘酒~

新年明けてから初の【ふくしま くらす 交流会】は、昨年7月6日に開催して人気だった、玄米甘酒ワークショップの2回目です。
1回目の玄米甘酒ワークショップは平日開催でしたので、今回は土曜日の休日に設定して、前回参加できなかった方々にも参加していただこうと思い企画しました。


まずはランチから

今回は開始を12時からとして、まずはランチタイムです。
智恵子さんには、今日のための特別メニューとしてランチを用意していただきました。

発酵食品オンパレードのランチプレート

二種盛りのご飯に、とろろ昆布の即席味噌汁

玄米甘酒アイスと、食べる林檎甘酒

甘酒、塩こうじ、三升漬け、しょっつる、味噌、醤油、酢と発酵食品オンパレードのランチで、参加して下さった皆さんもレシピに興味深々でした。
そして、デザートには、甘酒アイスと林檎甘酒が付きました。

智恵子さんによるレシピ解説

会場から『美味し〜〜!』の声が飛び交います。砂糖を一切加えず、こんなに美味しいデザートも可能なのです。
麹ってこんなにアレンジ可能なんだ〜!と、みなさん真剣に聞き入って下さいました。
 

ワークショップ開始

玄米甘酒の材料は、これだけ

その後のワークショップでは玄米甘酒の作り方実践です。
講師の智恵子さんの、『私いつも、てきと〜なのよ!あとは其々のお好みでね〜(^。^)』という柔らかな口調に、参加していたみなさんも和みムードでした。
『思ってたより気合いを入れなくても出来そう!』というみなさんの笑顔が印象的でした。

美味しく身体に良いものを、楽しく、自分好みに作る!
生活に取り入れていただきたいですね。
これからも、免疫力アップに繋がる食のワークショップを企画し続けていきたいです。

( さはら まき )

しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

201911/3

【告知】2019レクチャーシリーズ 清水奈名子准教授『なぜ政府は被災者を積極的に守らないのか』

先ごろ、福島県から群馬県に避難した住民が国と東電に起こした群馬訴訟の控訴審において、国側が用意した準備書面に次のような表現がありました。自主…

201911/2

【告知】原発事故アーカイブ施設「東電廃炉資料館・コミュタン福島」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年1月11日(土)に、東京電力廃炉資料館(富岡町)とコミュタン福島(三春町)を見学するバスツア…

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

告知

20199/14

【告知】山形県大江町 やまさぁーべ稲刈りキャンプ

いよいよ収穫の秋! 6月1日に田植えキャンプで植えた稲を、 今回は刈り取ります。 芋煮会もやるよ! 今回はブッシュクラフト! (初…

告知

20198/29

【告知】市民講座 アンドレアス・シングラー氏講演会 ドイツから学ぶ、再生可能エネルギーの未来と課題

1961年南ドイツ生まれ。1987年以来フリーランスのジャーナリストとして、スポーツのドーピングや薬物乱用問題な…

ページ上部へ戻る
Translate »