アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

「共に生きる」ファンド


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20185/30

《 ご報告とご挨拶 》

みなさまへ

先週末の理事会にて、
【認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト】の理事長に就任いたしました。

東日本大震災、並びに福島第一原発事故後、市民の放射能への不安に対応し、市民放射能測定所としての活動を続けてまいりました。
福島に住んでいる者としての立場、子どもを育てている親の立場、原発事故後、ずっと放射能の測定に従事してきた立場として、まだまだ必要なことはたくさんあると感じています。

放射能問題に対して判断材料を求める、市民のセカンドオピニオン的立場としての活動を、より多くの方に知っていただき、県内はもちろん県外、海外の方々にも興味関心を持ってもらえる活動を、今後も続けていきたいと思っています。

ここ福島で、未来に向けて子どもたちを守っていくために何が必要なのかを考え続け、そのためにベストを尽くしていきます!

どうぞ、これからもあらためて、
【認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト】
をよろしくお願いいたします。

理事長 佐原真紀

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『震災後の生活について考えよう – 生活に密着した放射能測定2018 – 』

原発事故から7年が経ちました。身の回りの放射線量も以前より下がってきましたが、皆さんは洗濯物や掃除機のゴミパックなどにある放射性セシウムの量…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会「お母さんが名医になる方法 -子どもたちのより良い成長のために、日々できること-」

福島県内の子どもたちは、東日本大震災・原発事故後の不安要素から運動不足になりがちで、肥満などの健康によくない状況にあります。 子どもたちの…

告知

20185/27

理事長交代のご挨拶

謹啓 残春の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は私共の活動にご理解とご協力を頂いておりますこと厚く御礼申し上げ…

告知

20184/21

【告知】木村真三氏勉強会「8年目の福島と32年目のチェルノブイリ」

講演:木村真三 氏 テーマ:甲状腺癌 日時:5月26日(土) 14時00分~17時00分 (開場13時40分) 会…

告知

20183/21

電話について

※3月24日以降は開通しておりますので、 電話 (024-573-5697)、FAX (024-573-5698)ともにご連絡可能です…

ページ上部へ戻る
Translate »