アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201511/2

土田さんチェロコンサート (10月2日)

終わった後の反響は大変なものでした。予定になかった鳥居はゆきさんのピアノ伴奏も入り、1か月たった今でも、すばらしかったとの声が寄せられています。

土田さんは、福島のあと、山元町、陸前高田、大船渡、大槌町など1週間ほど被災地を回り10日に札幌に戻られました。どこも来年の開催に対する要望があったといいます。土田さんからは「都合のよい日程を早めにご提示頂けましたら、それをきっかけに各地を訪問し、チェロの音色を楽しんで頂きたいと思っています」といううれしい言葉をいただいています。
102_2217
土田さんのブログ「土田英順のボストンバックにチェロと酒」には、札幌を出て千歳空港に着いたらすでに疲れてしまったこと、「体力なけりゃ戦はできぬ」とホテルにチェックインして馬刺を食べたことなど。78歳の体にむち打ち弾いてくださったのだなぁと思いました。当日販売はできませんでしたが、土田さんのCDは1枚2500円です。先日一緒にいらしたピアノの鳥居はゆきさんとのコラボは一種類のみ。「祈り」という題名で、アベマリアや鳥の歌が入っています。鳥居さんではない方のピアノで、情熱的な曲のCDもあります。

なお、当日の参加は61名、アンケートにご協力いただいた方は46名でした。また、終了後多くの方から寄付や賛助会員加入の申し込みがありました。重ねて御礼を申し上げます。

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »