アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201512/13

甲状腺検診

【いわき市民放射能測定室たらちね】さんと【ふくしま30年プロジェクト】の共催で、甲状腺検診を開催しました。
Facebookでもご案内をと思っているうちに、1日最大受け付け可能な86名分、あっという間に定員数に達してしまう申し込み状況でした。
診察して下さった西尾先生は、北海道から交通費も自腹で来てくださっていて、本当にありがたいことです。
今回定員数オーバーでお断りしてしまった方も多く、近々もう一度開催したいと思っています。
学校で診察するのは、2年に1度のペースになっていますが、できれば半年ごとか、1年以内に再検査するのが理想との事でした。
当日キャンセルの隙間に私もみていただきました。大きな結節があります。子供だけじゃなく状態を把握しておくためには大人の診察も必要だと思っています。
次回希望の方、お早めにご連絡下さい。

(さはら まき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました…

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

ページ上部へ戻る
Translate »