アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ふくしまくらす交流会

【報告】 『ふくしまくらす交流会』 発酵ワークショップVol.02 ~ 菌と仲良く ~

11月1日開催の【ふくしまくらす交流会】発酵ワークショップVol.02 ~ 菌と仲良く ~ は、満員20名様の申し込みがあり、全員参加で無事に終わりました。

2016-1101_03
今回は、食彩【おさい】のオーナー今井さんを講師に迎えての酵素ジュースのワークショップでした。

 
2016-1101_01
2016-1101_02
みんなでワイワイ林檎(使用した林檎は、低農薬の紅玉とジョナゴールドです)を切り、分量を量り、瓶に詰めていく作業。
質問したり、雑談したり。
参加者の皆さんの、見ていて嬉しくなるくらい楽しそうな様子に嬉しくなりました。

2016-1101_04
2016-1101_06
そのうえ、今井さんのご好意で、試食もランチ1食分になるくらいにたくさん!
弊法人理事であり、風と木のオーナーも助っ人として盛り付けを手伝ってくれました。
 
2016-1101_05
出来上がった酵素シロップをアレンジして作るお料理、例えば上記の写真のご飯は、酵素シロップとニラを醤油漬けしたものをご飯に混ぜあわせたものなのですが、本当に優しい味で…
これで身体にもいいなんて、是非みなさん、生活に取り入れてほしいものです。
 
2016-1101_07
お母さん世代、おばあさま世代、男性の皆さんの参加でしたが、後で読ませていただいたアンケートにも、「満足度120%です」「楽しく身体にもいいものを、もっと習いたいです」「また是非参加したい!」の声をたくさんいただき、ありがたい限りでした。
毎日手をかけて、1週間後の完成が楽しみですね!
ご参加の皆さまありがとうございました。
今回、残念ながら予定が合わず参加できなかった皆さま、資料やレシピなど差し上げますので、ご連絡ください!(^ ^)

( さはら まき )

 

 
※酵素ジュース 果物等を細断して砂糖を加えてしばらく常温で置き、その後は冷蔵庫で保管するもの


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »