アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

「原発事故との戰い」

 平成29年度早々、今村前復興相は度重なる失言から事実上の更迭となり、福島県いわき市出身の吉野正芳氏が新たに復興相に就任しました。そんななか、5月22日に河北新報の取材を受け※1、『東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興について「原発事故との戦いに、われわれ人類が勝たねばならない」と強調した』と報じられました。わたしとしては、正直なところ、「またか…」とため息が出ました。
 この発言は、復興担当の行政の長として、被災した地に住む住民の意気を鼓舞するためなのかもしれません。安倍首相風に言えば、「古里を取り戻す」ということなのでしょうが、現時点でメルトダウンをした核燃料を回収するという行為は、勝てるはずのない戦いに向かっていくという点で、先の戦争の教訓を何も生かしていないことと同じです。
 吉村復興相は「千年、二千年かけて育まれた文化がある。費用対効果という価値観で地域をなくしてはいけない」と語っていますが、その費用対効果だけでは語れない価値を破壊したのが「原発事故」という「核災害」です。先述したように、この「核災害」で起こった事象を、現在の科学の力で抑え込むことは、ほぼ不可能です。わたしたちは、これから数百年かけて放射性物質が物理的に半減していくのを待つしかない。制御不能になってしまった核の前では、人が如何に無力であるかを認識して謙虚にならなければいけないのではないか、と思います。
 また、このインタビューでの発言は、4月27日の所信表明で原発事故に触れなかったことで野党から批判が相次いだことからの反省なのかもしれません※2。しかし、たとえ原発事故に触れたとしても、「原発事故に勝つ」というような極端な発言では、やはり「事の深刻さ」が分かっていないのではないか、と思わざろうえません。もしくは、安倍政権という枠組みのなかでは、閣僚の一人として、このような男根主義的主張をアピールしなければならないのでしょうか。
 しかし、5月17日のNHK福島の報道※3では、この春、避難が解除された四町村で帰還したのは800人余り、帰還率は2%だと報じていました。性急に決められたと思われる避難解除に対して住民の方々も、今すぐの帰還に躊躇しているようです。そのうえ、今後は避難解除がされた地域の方々も、実質的に自主避難者という枠に入っていかざるを得ません。この1~2年にあった自主避難者問題が、この大々的な避難解除で拡大していくことが予想されるわけで、せめて、被災地出身の閣僚として、大言壮語ではなく、このサイレントマジョリティ(物言わぬ多数派)の声に応えていってほしいと思います。

(あべひろみ)

 

※1 <復興相>就任1カ月 福島再生成し遂げる | 河北新報オンラインニュース 2017年05月23日

※2 吉野復興相、所信で「原発事故」触れず「反省している」:朝日新聞デジタル 2017年04月28日

※3 一斉解除4町村の住民帰還率2%|NHK 福島県のニュース 2017年05月17日

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

20192/11

【告知】しんちゃんに聞こう!「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの「シンちゃん」は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわか…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『未来に伝えたい「くらし」をかんがえる』

風と木プロデュースの『一汁三菜』で、日本の食文化の原点にかえる 自然派育児で有名な小児科の先生と発酵ワークショップ講師(風と木オーナー…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 発酵ワークショップ Vol.09 漬物名人高橋トク子さん直伝 白菜キムチつくり

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました…

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

ページ上部へ戻る
Translate »