アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20179/11

【報告】超絶技巧 鍵盤ハーモニカの世界 『伊藤英(すぐる) 超絶ピアニカライブ』

 7月31日(月)に、『子育て支援センター・みんなの家@ふくしま』にて、子どもたち向けにピアニカを使用しての演奏会「超絶技巧 鍵盤ハーモニカの世界 『伊藤英(すぐる) 超絶ピアニカライブ』」を開催しました。

 福島市で開催する、伊藤英さんのピアニカライブは今年で3回目ですが、どこに行っても笑顔と拍手に囲まれ大好評です!! 以下、参加された方々の感想の一部です。

・英さんのピアニカなどの演奏にとても和みました。とても心が癒されました。
素敵な時間を過ごせました。ありがとうございます。

・前回は少ししか聞くことが出来なかったので、今回はじっくりゆっくり聞く事ができ本当に良かった。日頃の忙しさを忘れ、癒され穏やかな気持ちになりました。ありがとうございました。

・2オクターブ半の中で、こんなに広い世界があるなんてビックリ。リコーダの2本吹きは面白かった。

・とても楽しかったです。とても長く面白い場面もあり楽しかったです。前半と後半に分けて、子ども向けと大人向けと分けると子どもも短時間でもっと楽しめたように思います。ありがとうございました。

「みんなの家@ふくしま」の前で、伊藤英さんと記念撮影をしました。

伊藤英(いとうすぐる)プロフィール

長野市生まれ。ピアノを松本スズキ・メソード音楽院で片岡ハルコ、作曲法を川崎優の各氏に師事.10代半ばまでにアメリカとイギリスでリサイタル、ドイツ・バッハ・ゾリステン来日公演でソリストとしてモーツァルトのピアノ協奏曲でデビュー。1985年信州大学経済学部と日本大学文理学部を中退し、スイス国立バーゼル音楽院に留学。これまでにインターナショナル・オリジナルコンサート最高賞、朝日放送賞、スイス・イザベル・ゾゲーブ財団賞、アメリカ・テキサス州エルパソ市名誉市民賞などを受賞。1994年からチューリッヒ芸術大学勤務。リサイタルやオーケストラとの協演のみならず室内楽の分野でも、名手達のパートナーを努め、フィラデルフィア、シドニー(オペラハウス)、パリ(ユネスコ)、ロンドン、バルセロナ(オーディトリアム)、ベルリン、ボン(ベートーベン・ハウス)等で公演。また、国際音楽祭にも頻繁に出演し、幅広い活動を行っている。余技の鍵盤ハーモニカのライブはロシア国営放送でも中継。

 

(さはら まき)


しんきん絆ロゴ-横

この事業は、「東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」の助成金を活用して行っています。

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »