アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20137/29

「福島市視察団が帰国 ベラルーシ、ウクライナ訪問」 福島民報 2013年7月28日の記事の見出しより

 

上の写真は、今回、福島市のベラルーシ・ウクライナ視察団に参加したCRMS福島の理事長のお土産です。昨年冬の視察団には当測定所のメンバーは参加できませんでしたが、今回は参加して現地の貴重な声を聞くことが出来ました。

視察で行った場所は空間線量が福島市よりも低く0.15μSv/hくらい、汚染地帯で農作しているという場所も0.3μSv/hだったそうです。向こうはCs-134の影響がほとんどなく、Cs-137が第一半減期を迎えるので単純比較は出来ませんが、福島市の方が高い印象とのこと。
 

これはソ連時代のWBCだそうです。
何ともアンティークというか、AT1316の無骨さとは違う趣があります。
他にもビンテージ物の測定器がいくつかあるらしいです。
 

ちなみに、こちらが当測定所にあるベラルーシ製のWBC AT1316です。
 

ミンスクのカマロフスキー市場では、キノコもベリーもバンバン売っていたとのこと。
確かに盛大に売っていますね。

今回はこれくらいで。
視察リポートについては、今後UPしていきますのでお待ちください。

(あべひろみ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20214/4

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお礼

皆さまからゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附として、3月31日までに 52件、2,231,000円のご支援をいただきました。 今回の…

20213/16

ゲルマニウム半導体検出器購入のための寄附のお願い

 ふくしま30年プロジェクトの活動は、東京電力福島第一原子力発電所の事故後、環境中に放出された放射性物質と、それにともなう健康被害の発生に対…

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ページ上部へ戻る
Translate »