アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20137/29

「福島市視察団が帰国 ベラルーシ、ウクライナ訪問」 福島民報 2013年7月28日の記事の見出しより

 

上の写真は、今回、福島市のベラルーシ・ウクライナ視察団に参加したCRMS福島の理事長のお土産です。昨年冬の視察団には当測定所のメンバーは参加できませんでしたが、今回は参加して現地の貴重な声を聞くことが出来ました。

視察で行った場所は空間線量が福島市よりも低く0.15μSv/hくらい、汚染地帯で農作しているという場所も0.3μSv/hだったそうです。向こうはCs-134の影響がほとんどなく、Cs-137が第一半減期を迎えるので単純比較は出来ませんが、福島市の方が高い印象とのこと。
 

これはソ連時代のWBCだそうです。
何ともアンティークというか、AT1316の無骨さとは違う趣があります。
他にもビンテージ物の測定器がいくつかあるらしいです。
 

ちなみに、こちらが当測定所にあるベラルーシ製のWBC AT1316です。
 

ミンスクのカマロフスキー市場では、キノコもベリーもバンバン売っていたとのこと。
確かに盛大に売っていますね。

今回はこれくらいで。
視察リポートについては、今後UPしていきますのでお待ちください。

(あべひろみ)

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »