アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/30

CHANNEL SQUARE での1年を振り返って

 ふくしま30年プロジェクトがCHANNEL SQUARE(以下、チャンスク)に移転して1年を迎えました。振り返ってみればあっという間に過ぎた思いがします。
 最初は、新しい環境にホールボディカウンターを設置するための遮蔽の強化から始まりました。これには少々手間取りましたが、結果的に以前よりも検出限界値を下げることができました。また、ふくしまくらす交流会も移転後から定期的に開催しました。1年を通してみると、前半は主にチャンスク内で開催しましたが、後半は他団体との連携を強化して保養先であったり、「みんなの家@ふくしま」といった他施設で開催しています。この中で一番関心が高かったのはJA新ふくしま(現JAふくしま未来)の菅野組合長との対話でした。放射能測定に最も力を入れている生産と販売組織の生の声を聞くことができるということで関心が高まり、チャンスクのカフェスペースが埋まり、立ち見が出るほど参加者の多い交流会になりました。

 保養事業については昨年度までは他団体に協力という形でしたが、2015年度から弊法人が主催して行うようにしました。弊法人主催の保養は準備や計画に時間をかけ秋から開始したため、冬季期間の不安定な天候に左右されることが多く予定通り行えないことがありました。これは、次年度からの保養事業を行う上での反省点と言えます。参加者のアンケートからは、満足度の高い反応を得ていますので、前述の点を踏まえて改善していきたいと考えています。

 ふくしま30年プロジェクトの名前の浸透とともに、放射能測定以外の事業の比重が高まってきています。それが、震災から5年を経た現在のニーズなのでしょう。弊法人としては、そのニーズに対応しつつ、名前のとおり長いスパンで放射能の影響を観察していきたいと考えておりますので、今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

                                  (あべ ひろみ)

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »