アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

 

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/30

CHANNEL SQUARE での1年を振り返って

 ふくしま30年プロジェクトがCHANNEL SQUARE(以下、チャンスク)に移転して1年を迎えました。振り返ってみればあっという間に過ぎた思いがします。
 最初は、新しい環境にホールボディカウンターを設置するための遮蔽の強化から始まりました。これには少々手間取りましたが、結果的に以前よりも検出限界値を下げることができました。また、ふくしまくらす交流会も移転後から定期的に開催しました。1年を通してみると、前半は主にチャンスク内で開催しましたが、後半は他団体との連携を強化して保養先であったり、「みんなの家@ふくしま」といった他施設で開催しています。この中で一番関心が高かったのはJA新ふくしま(現JAふくしま未来)の菅野組合長との対話でした。放射能測定に最も力を入れている生産と販売組織の生の声を聞くことができるということで関心が高まり、チャンスクのカフェスペースが埋まり、立ち見が出るほど参加者の多い交流会になりました。

 保養事業については昨年度までは他団体に協力という形でしたが、2015年度から弊法人が主催して行うようにしました。弊法人主催の保養は準備や計画に時間をかけ秋から開始したため、冬季期間の不安定な天候に左右されることが多く予定通り行えないことがありました。これは、次年度からの保養事業を行う上での反省点と言えます。参加者のアンケートからは、満足度の高い反応を得ていますので、前述の点を踏まえて改善していきたいと考えています。

 ふくしま30年プロジェクトの名前の浸透とともに、放射能測定以外の事業の比重が高まってきています。それが、震災から5年を経た現在のニーズなのでしょう。弊法人としては、そのニーズに対応しつつ、名前のとおり長いスパンで放射能の影響を観察していきたいと考えておりますので、今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

                                  (あべ ひろみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジャーナリズム? 政府広報?

飯舘村長泥地区で行われることになった、覆土無し除染土壌使用による食用作物栽培実証事業。それが判明したのは、大島堅一教授の行政文書開示請求によ…

『省令改正「時期尚早」指摘相次ぎ見送り?』 しかし…

8月7日~9日にかけて、福島県内の新聞、テレビのニュースでは、飯舘村長泥地区で除染土を覆わずに野菜の栽培の実証実験が行われていることが報じら…

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

ページ上部へ戻る
Translate »