アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/4

自然からの恩恵の大切さ - 山形保養 –

 弊法人の「こどもの自然体験と交流」事業として協力しているのが「パルシステム毎週末山形保養」です。この保養には、赤ちゃんからおばあちゃんまで参加しており、家族でのんびりゆったりしてもらうことを主眼において企画しています。山形県川西町の自然の中で、子どもたちは伸び伸びと遊び、大人はのんびりと過ごすというのが定番の風景となっています。
 参加者アンケートでは、「安心して食事を口にすることができた」、「みんなで作った食事がおいしかった」、「自然の中で山菜とり、虫さがし、BBQなど、家では味わえないことがここで体験できて、子どもの教育に良いと思いました」などの回答がありました。
 この保養事業はパルシステム会員からの寄付で運営しています。先に述べたように弊法人も送迎や料理、子どもの相手などで協力しています。また、地元の子どもが遊び名人となって虫取りを一緒にしたり、大人は山菜料理の差し入れや餅つきをして振る舞ってくれたり、たくさんの協力のうえで運営されています。その結果、今年度は年間8回 延べ186人の参加がありました。
 原発事故の影響で福島では子どもと自然のあいだに距離ができてしまいましたが、子どもは自然のなかで育まれるものです。川西町のように放射線の影響が少ない環境であれば、子どもは本来の姿に戻れます。そのために、今後も山形での保養を大切にして、継続していきたいと思います。
                             (しみずよしひろ)

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »