アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/4

自然からの恩恵の大切さ - 山形保養 –

 弊法人の「こどもの自然体験と交流」事業として協力しているのが「パルシステム毎週末山形保養」です。この保養には、赤ちゃんからおばあちゃんまで参加しており、家族でのんびりゆったりしてもらうことを主眼において企画しています。山形県川西町の自然の中で、子どもたちは伸び伸びと遊び、大人はのんびりと過ごすというのが定番の風景となっています。
 参加者アンケートでは、「安心して食事を口にすることができた」、「みんなで作った食事がおいしかった」、「自然の中で山菜とり、虫さがし、BBQなど、家では味わえないことがここで体験できて、子どもの教育に良いと思いました」などの回答がありました。
 この保養事業はパルシステム会員からの寄付で運営しています。先に述べたように弊法人も送迎や料理、子どもの相手などで協力しています。また、地元の子どもが遊び名人となって虫取りを一緒にしたり、大人は山菜料理の差し入れや餅つきをして振る舞ってくれたり、たくさんの協力のうえで運営されています。その結果、今年度は年間8回 延べ186人の参加がありました。
 原発事故の影響で福島では子どもと自然のあいだに距離ができてしまいましたが、子どもは自然のなかで育まれるものです。川西町のように放射線の影響が少ない環境であれば、子どもは本来の姿に戻れます。そのために、今後も山形での保養を大切にして、継続していきたいと思います。
                             (しみずよしひろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

告知

20193/24

【告知】後藤忍准教授講演会 震災の記憶を未来へ – 記憶を記録とするために –

「図説 17都県放射能測定マップ+読み解き集」発刊イベントとして、チェルノブイリと日本のアーカイブ施設の違いについて、後藤忍准教授(福島大学…

告知

20192/11

【告知】しんちゃんに聞こう!「いまさらきけない」ホウシャノウのはなし

「NHKラジオこども科学電話相談室」でおなじみの「シンちゃん」は、福島のガッコウで、3.11から8年間、子どもたちにホウシャノウのことをわか…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会『未来に伝えたい「くらし」をかんがえる』

風と木プロデュースの『一汁三菜』で、日本の食文化の原点にかえる 自然派育児で有名な小児科の先生と発酵ワークショップ講師(風と木オーナー…

告知

【告知】ふくしまくらす交流会 発酵ワークショップ Vol.09 漬物名人高橋トク子さん直伝 白菜キムチつくり

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました…

ページ上部へ戻る
Translate »