アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/4

自然からの恩恵の大切さ - 山形保養 –

 弊法人の「こどもの自然体験と交流」事業として協力しているのが「パルシステム毎週末山形保養」です。この保養には、赤ちゃんからおばあちゃんまで参加しており、家族でのんびりゆったりしてもらうことを主眼において企画しています。山形県川西町の自然の中で、子どもたちは伸び伸びと遊び、大人はのんびりと過ごすというのが定番の風景となっています。
 参加者アンケートでは、「安心して食事を口にすることができた」、「みんなで作った食事がおいしかった」、「自然の中で山菜とり、虫さがし、BBQなど、家では味わえないことがここで体験できて、子どもの教育に良いと思いました」などの回答がありました。
 この保養事業はパルシステム会員からの寄付で運営しています。先に述べたように弊法人も送迎や料理、子どもの相手などで協力しています。また、地元の子どもが遊び名人となって虫取りを一緒にしたり、大人は山菜料理の差し入れや餅つきをして振る舞ってくれたり、たくさんの協力のうえで運営されています。その結果、今年度は年間8回 延べ186人の参加がありました。
 原発事故の影響で福島では子どもと自然のあいだに距離ができてしまいましたが、子どもは自然のなかで育まれるものです。川西町のように放射線の影響が少ない環境であれば、子どもは本来の姿に戻れます。そのために、今後も山形での保養を大切にして、継続していきたいと思います。
                             (しみずよしひろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »