アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

東日本大震災復興支援「JT NPO応援プロジェクト」


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20163/4

自然からの恩恵の大切さ - 山形保養 –

 弊法人の「こどもの自然体験と交流」事業として協力しているのが「パルシステム毎週末山形保養」です。この保養には、赤ちゃんからおばあちゃんまで参加しており、家族でのんびりゆったりしてもらうことを主眼において企画しています。山形県川西町の自然の中で、子どもたちは伸び伸びと遊び、大人はのんびりと過ごすというのが定番の風景となっています。
 参加者アンケートでは、「安心して食事を口にすることができた」、「みんなで作った食事がおいしかった」、「自然の中で山菜とり、虫さがし、BBQなど、家では味わえないことがここで体験できて、子どもの教育に良いと思いました」などの回答がありました。
 この保養事業はパルシステム会員からの寄付で運営しています。先に述べたように弊法人も送迎や料理、子どもの相手などで協力しています。また、地元の子どもが遊び名人となって虫取りを一緒にしたり、大人は山菜料理の差し入れや餅つきをして振る舞ってくれたり、たくさんの協力のうえで運営されています。その結果、今年度は年間8回 延べ186人の参加がありました。
 原発事故の影響で福島では子どもと自然のあいだに距離ができてしまいましたが、子どもは自然のなかで育まれるものです。川西町のように放射線の影響が少ない環境であれば、子どもは本来の姿に戻れます。そのために、今後も山形での保養を大切にして、継続していきたいと思います。
                             (しみずよしひろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました…

告知

201811/29

【告知】赤城修司個展 Fukushima Traces, 2018

3.11 < 以後 > へのまなざし 福島市民が撮りつづける < 日常のなかの非日常 > 「いかに世のメディアが、復興に…

告知

201811/20

【告知】清水奈名子准教授勉強会『原発事故災害とジェンダー格差』

「原発事故について自由に話せない」という閉塞感 原発事故をめぐって、女性たちが感じた抑圧の強さと、意思決定過程における男女格差。未曾有…

告知

【告知】第4回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後 ~今~ これからを共に生きる人たちへ  12月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第4回「福島の現状を知り、…

告知

201810/25

【告知】後藤忍准教授勉強会『記録と記憶 – コミュタン福島と震災遺構 -』

「福島第一原発事故と放射線に関する公的な教材と展示施設の役割とは?」 福島県内では、モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)…

ページ上部へ戻る
Translate »