アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

講演会

20161/31

2016年1月23日(土) 西東京市で行われた公開講座 『放射能汚染と向き合うための基礎知識』に参加して

2016年1月23日(土)

東京都西東京市で行われた公開講座 

『放射能汚染と向き合うための基礎知識』

に参加してまいりました。
会場は満席で、立ち見の方もいる程でした。

20160123

講師は京都大学原子炉実験所助教の今中哲二さんです。
今中さんは、原子力工学の専門家として原発の危険性警鐘を鳴らし続け、福島原発事故前からチェルノブイリ事故についてずっと調べていらっしゃいました。
その経験を活かし、3.11以降市民に解りやすい講演等で活躍しています。
今回の講演会の前半は、原子力発電所の仕組みから始まり、放射能の基礎知識(放射線、放射能、放射性物質の違い、シーベルト、ベクレルの単位の違いなど)
そして、放射能汚染と被曝の現状などについてのお話でした。

講演会の後半は、今中さんと福島にもよく来て下さっている山田真先生(子どもたちを放射能から守る小児科医ネットワーク代表)との対談の予定でしたが、急遽私も入ることになり鼎談となりました。
山田先生が、初期に福島で健康相談会を開いた時の印象から、この五年間での変化。
私も福島で子育てをしながら暮らしている立場、また、初期から測定を続けている立場としての、福島の現状をお話しさせていただきました。
会場からも、閉会の時間がきても質問が止まず、会場使用ギリギリまで延長の会となりました。

『放射能汚染の中で暮らすということ =
どの程度の被曝ならガマンするかを決める事』
 
考えれば考えるほどその通りだと納得してしまいます。
希望の持てるお話しが多々あった中で、印象に残った、深い言葉でした。

                                さはら まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

ページ上部へ戻る
Translate »