アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました。そして、広河隆一氏が主催するDAYS放射能測定器支援募金、及びDAYS被災児童支援募金 もまたそれらの一つでした。
 そして、このようななかで、この度の週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏による女性たちへの人権侵害に関する記事に驚き、その事実を確認し、本当に残念な気持ちでおります。私たちは、原発事故後の被災者一人一人の人権が、大きな力によって蔑ろにされがちな傾向があることに対して、測定活動やワークショップを通じ静かな問題提起を続けてきました。権力の大小に関わらず、その濫用によって人が人の尊厳を傷つける事態は決してあってはいけないことだと考えており、そうした悲劇が社会から根絶されることを願いながら活動をしています。広河氏自身が当該記事にある過ちの重大さを心底鑑み、真実を持って省みられることを心から願う次第です。
 また、今回のことによってDAYS JAPAN誌の、編集部や関係者の方々お一人お一人のご努力によって積み上げてきた功績、殊にチェルノブイリ原発事故や東電福島第一原発事故についての数々の貴重な提言が無駄に終わることのないよう、我々は信念を曲げず、今後も原子力災害の被災者に寄り添っていく所存です。

2018年12月29日
NPO法人ふくしま30年プロジェクト

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »