アーカイブ

助成団体

ラッシュジャパン チャリティバンク

東日本大震災復興支援事業

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

201812/29

週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

 NPO法人ふくしま30年プロジェクトは、これまで国内外の心ある多くの個人・団体の皆さまからのご支援をいただきながら活動を継続して参りました。そして、広河隆一氏が主催するDAYS放射能測定器支援募金、及びDAYS被災児童支援募金 もまたそれらの一つでした。
 そして、このようななかで、この度の週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏による女性たちへの人権侵害に関する記事に驚き、その事実を確認し、本当に残念な気持ちでおります。私たちは、原発事故後の被災者一人一人の人権が、大きな力によって蔑ろにされがちな傾向があることに対して、測定活動やワークショップを通じ静かな問題提起を続けてきました。権力の大小に関わらず、その濫用によって人が人の尊厳を傷つける事態は決してあってはいけないことだと考えており、そうした悲劇が社会から根絶されることを願いながら活動をしています。広河氏自身が当該記事にある過ちの重大さを心底鑑み、真実を持って省みられることを心から願う次第です。
 また、今回のことによってDAYS JAPAN誌の、編集部や関係者の方々お一人お一人のご努力によって積み上げてきた功績、殊にチェルノブイリ原発事故や東電福島第一原発事故についての数々の貴重な提言が無駄に終わることのないよう、我々は信念を曲げず、今後も原子力災害の被災者に寄り添っていく所存です。

2018年12月29日
NPO法人ふくしま30年プロジェクト

 

Share Button

関連記事

告知

【告知】1月28日開催オンラインセミナー「原発災害と研究者 -チョルノブィリ原発事故(ウクライナ)の研究者が見つめた日本の原発災害-」

ロシアのウクライナ軍事侵攻により、ニュースでチョルノブィリ(チェルノブイリ)原発の名称が流れ、あらためて、かの原発がウクライナに所在すること…

202210/27

【告知】12月17日開催「東日本大震災・原子力災害伝承館/とみおかアーカイブ・ミュージアム」日帰り見学ツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2022年12月17日(土)に、「東日本大震災・原子力災害伝承館」及び「とみおかアーカイブ・ミュージア…

告知

【告知】オンラインセミナー「原発事故とジェンダー  誰が事故の被害を語ることができるのか」

下記リンク先では、地域の声を把握するためには世帯単位の「戸」ではなく、個人単位の「個」へのアンケートの必要性についての論考が述べられています…

告知

【告知】オンラインセミナー「伝承館は原発事故の教訓をどう伝えていくのか?」

原発事故の教訓を継承する施設として 事故の教訓をどう伝えていくべきか。 福島第一原発事故の教訓を後世に伝えるための展示施…

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

ページ上部へ戻る
Translate »