アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20139/30

夏休み保養に思う 排出 体力 お金 

            お久しぶりです。

   夏の気配はすっかり消え、冬の布団をかけ、猫をむりやり抱っこして寝る今日この頃。

       夏休みには、10日間の関西保養に出かけました。

           楽しかったけど体力が奪われた~。

     自分のペースで食べることがなかなか難しいために、腸が弱い私は、

   2か所目の保養地で

        結局2日間は寝て過ごした。

                 1か月間、保養をてんてんとした知人は、

                    ”死んだ”と言っていたし、

                 経験してみないとわからない大変さだ。

                  もちろん、受け入れ側も大変だろう。

      ドクターストップがかかったスタッフもしかり、

     みんな使命感がなければあんなことはできない。

   そんな中、主人が、自分も保養に行きたかったと何度となく言ってくる。

  私的な話で申し訳ないが、うちの主人はひかえめな性格なので、

               そんなことを訴えてくるのはよほどのことなのだ。

              え~こういう場合は、旅費は全額負担になるのか?

          いや、家族の中で一番ヒバクしてるしな~、スタッフとしてかぁ~?

よけい疲れて免疫力落ちる?

       いや、一時的に免疫力が落ちても放射線量が低いところに行くのが大事?

            そしたら、家族旅行にした方がいいじゃん。

でも、震災以降、避難やら保養やら、で貯金もかなり底をつき、

                    先のことなど考えられない。

                         ぐるぐると考えて、振出しに戻る。

                       e えみこ

Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »