アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20143/17

「怒涛」といえる3年間でした

やっと長男が中学校を卒業した。
私も解放された気がする。自由だ。そして気が抜けた。
卒業式でPTA会長さんが、原発事故以降、数回に渡って除染作業(保護者の協力により)
をしたり、

真夏でも窓を閉めっ切っての授業、通学や外での活動はマスク、長そで、長ズボンでなど、

今まで経験したことのない活動を行い、大変な学校生活を子どもたちがしてきたことを振り返った。

息子たちの年代は震災により小学校の卒業式ができなかった。

だから、中学校の卒業式には両親揃って出席が多かったように思う。

卒業証書を頂いたあと、保護者のところに子どもが来て

花束と手紙を渡した。

みんな泣いていた。(笑っていた人もいたかな)

私は、その手紙の内容が、本当に正直な気持ちが書いてあったので少しびっくりした。
(男だし、年齢てきなものを考えると)
もちろん、それは嬉しかったし涙が自然に流れた。
震災がなかったら、避難しなかったら、部活も外でやらせてあげれてたら

(中でやる選択をした子は、2012年3月の時点で残ったのは、息子とその友達2人だけ)
何か違ってたのかな?
このことを主人に問いかけたら、
「それはやっぱり違ったんじゃないかな。」といった。
どちらにしても、良かったところとそうじゃなかったところとあるだろう。
なにかのせいにするのは嫌だし、だからって人生の時間が戻るわけではない。

毎日、放射能のことをピリピリしながら考えるということは実際にはなくなってきた。

だけど、買い物や外での活動の時などはやっぱり考えざるを得ない。

放射能のことがあって

正直、友達の整理もできた。
本当に会いたいと思う人としか会わなくなったし。

2011年頃は、こんな日がくるとは思えなかった。

今は、穏やかな日々が増えてきて、日常があって、ケンカしたり笑いあったりできる心の余裕ができてきたように思う。

憐れまれることのないように望む。

ただし、放射能の問題が終わったわけではないということを、忘れてはならない。

               e  えみこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

台風19号による、粉塵について

この度の台風19号により、被災された方々には心からお見舞い申しあげるとともに 復旧に尽力されている皆さまには安全に留意され活動されることをお…

告知

20199/14

【告知】山形県大江町 やまさぁーべ稲刈りキャンプ

いよいよ収穫の秋! 6月1日に田植えキャンプで植えた稲を、 今回は刈り取ります。 芋煮会もやるよ! 今回はブッシュクラフト! (初…

告知

20198/29

【告知】市民講座 アンドレアス・シングラー氏講演会 ドイツから学ぶ、再生可能エネルギーの未来と課題

1961年南ドイツ生まれ。1987年以来フリーランスのジャーナリストとして、スポーツのドーピングや薬物乱用問題な…

告知

20195/14

【告知】市民講座 市村高志さん講演会『復興2019 -誰のための「復興」?-』

帰還を急くような国の復興政策。それは、誰のための復興なのか? 東京オリンピックが開催され復興庁が無くなる2020年に向け、今春…

告知

【告知】市民講座 チュルノブイリ甲状腺専門医講演会 「25万件の検診をしてきた医師の話」in 福島

今から33年前の1986年4月26日、ベラルーシとの国境付近にあるチェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ)で原子力開発史上最悪の事故…

ページ上部へ戻る
Translate »