アーカイブ

助成団体

「一食(いちじき)福島復興・
被災者支援」事業

 

『しんきんの絆』復興応援プロジェクト

 

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

ふくしまくらす交流会

【震災後の生活について考えてみよう】 ~生活に密着した放射能測定データをもとに~

5月26日に開催した、ふくしまくらす交流会のご報告です。

 ふくしまくらす交流会
【震災後の生活について考えてみよう】

2016_0526
~生活に密着した放射能測定データをもとに~をテーマに、これまで実験的に行ってきた「切り干し大根プロジェクト」や「タオルの外干し」で得られたデータを使って話し合いました。
 今回は『みんなの家@ふくしま』さんとのコラボ企画で、参加者は24名、スタッフも入れると30名以上。普段からみんなの家を利用されている、自主避難から戻られた方や、この春に自主避難から戻り、まだみんなの家に訪問した事が無かった方。また、不安を感じながらもずっと福島で生活していたお母さん方が一緒に話しあえる場となりました。それにプラスして、世田谷、神奈川、山形等で保養の受け入れをして下さっている方々や、現状を聞きたいというライターさん等、色んな立場で話しをすすめる事ができました。
 みなさん自己紹介では初めての方が多い中、「いつまで、どこに避難してて。今こんな事に気をつけていて。生活の中では何が心配で」といった自分の考え、選択の振り返り等…。今の福島では、そういったことを堂々と話せる場って普段の生活の中ではなかなか無いので、皆さんの様々な想いが共有された時間でした。
 勉強会や講演会とは違う、一方的な話を聞きに行くだけじゃない、自ら話して参加しに行く感覚での交流会の大切さを実感しました。
2013-05
そしてタオル外干し実験、ご自宅で希望する方、まだ募集中です。お声かけ下さい!

( さはらまき )

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【告知】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

NPO法人ふくしま30年プロジェクトは2020年3月1日(日)に、福島県立博物館で開催されている特集展「震災遺産を考える -それぞれの9年-…

20201/6

年末寄付キャンペーン2019のご報告

2019年12月末日で年末寄付キャンペーン2019が終了しましたので、受取寄付金額をご報告させていただきます。 延べ23人の方々から、総額…

201912/15

年末寄付キャンペーン2019

原発事故以来、ふくしま30年プロジェクトの目的は、放射能測定を手段として、東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた放射能被害を、…

告知

【告知】第5回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

原発事故後の「これから」を、共に生きる人たちへ 2020年2月8日(土)に、専修大学(東京都千代田区)で第5回「福島の現状…

ページ上部へ戻る
Translate »