アーカイブ

助成団体

「5」のつく日。JCBで復興支援

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20161/30

自然体験事業「雪あそびin会津自然の家」

P1010401a
 ふくしま30年プロジェクト主催の自然体験は、1月9、10日の2日間に小学生9名を含む14名の参加で、会津坂下町及び喜多方市山都町で行いました。
前日までは会津にさえ雪がなく“雪遊び”ができるか心配しながらの出発でしたが、なんと9日の夜から雪となり10日の朝は一面銀世界となりました。新雪の中、ソリ遊びや雪合戦ができ、濡れるのも厭わず夢中で遊んでいる子どもたちの姿が印象的でした。山都町では犬やヤギとの散歩や、ニワトリなどの動物とのふれあいはとても好評でした。また、会津自然の家での木工クラフト作りでは、子どもたちそれぞれの個性豊かな作品にふれることができ、充実した自然体験となりました。

子どもたちの感想です。

① わたしは、料理が1番良かったと思います。冷めたりもしていなかったし、バイキング式だから、好きなものを食べられるのがよかったです。それに、1回も料理がかぶることがなかったのでよかったです。あと、動物にふれあうのも楽しかったです。ニワトリを手でつかまえることや、ヤギの散歩など貴重な体験が出来てよかったです。でももう少し日数が多いといいなと思いました。

② ゆきあそびがたのしかったです。

                                                                                                              (しみずよしひろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コシアブラが、フリマアプリ等で個人売買されている問題点

 フリマアプリ等で購入したコシアブラが100 Bq/kgを超過した件で、前回アップした経緯以外に補足したいことがあります。以下、前回と重複す…

ヤフオク!、メルカリ購入のコシアブラで基準値超過の顛末

 6月1日に東京新聞で「ヤフオク、メルカリなどで放射性セシウム基準値超えの山菜出回る」「まだ警戒必要なのに…国会ではセシウム基準値緩和の議論…

甲状腺検査についての新しい動き

2月13日13時30分より第37回県民健康調査検討委員会が開催され、その内容についての報道がNHK福島で『甲状腺学校検査反対で実態調査』とし…

20201/17

帰還困難区域の国道を行く

2019年8月11日に国道114号から浪江町に入り、そのまま帰還困難区域を抜けて国道6号から南下、再び帰還困難区域の双葉町と大熊町を通過して…

告知

20201/16

【中止と致します】福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー

※ 3月1日 (日)『福島県立博物館特集展「震災遺産を考える」見学バスツアー』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全…

ページ上部へ戻る
Translate »