アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

20161/30

自然体験事業「雪あそびin会津自然の家」

P1010401a
 ふくしま30年プロジェクト主催の自然体験は、1月9、10日の2日間に小学生9名を含む14名の参加で、会津坂下町及び喜多方市山都町で行いました。
前日までは会津にさえ雪がなく“雪遊び”ができるか心配しながらの出発でしたが、なんと9日の夜から雪となり10日の朝は一面銀世界となりました。新雪の中、ソリ遊びや雪合戦ができ、濡れるのも厭わず夢中で遊んでいる子どもたちの姿が印象的でした。山都町では犬やヤギとの散歩や、ニワトリなどの動物とのふれあいはとても好評でした。また、会津自然の家での木工クラフト作りでは、子どもたちそれぞれの個性豊かな作品にふれることができ、充実した自然体験となりました。

子どもたちの感想です。

① わたしは、料理が1番良かったと思います。冷めたりもしていなかったし、バイキング式だから、好きなものを食べられるのがよかったです。それに、1回も料理がかぶることがなかったのでよかったです。あと、動物にふれあうのも楽しかったです。ニワトリを手でつかまえることや、ヤギの散歩など貴重な体験が出来てよかったです。でももう少し日数が多いといいなと思いました。

② ゆきあそびがたのしかったです。

                                                                                                              (しみずよしひろ)

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »