アーカイブ

助成団体

ふくしま未来基金
ふくしま未来基金

東日本大震災現地NPO応援基金『しんきんの絆』復興応援プロジェクト


このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援事業」の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

DAYS JAPAN
(DAYS放射能測定器支援募金)
DAYS JAPAN  (DAYS放射能測定器支援募金)

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
株式会社カタログハウス

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

放射能測定

201211/18

落ち葉ってどれくらい?

雑巾やタオルを測定しセシウムを検出ましたが、それに付着したとすると(雑巾の場合はそれだけではないでしょうけど)現在は乾燥した気候、強風による舞い上がり、焼却の粉塵による再浮遊と考えられます。そのうちの焼却と言えばゴミ焼却場もありますが、福島市では野焼きも普通に行われています。では、事故前だったら普通に焼かれたかもしれない落ち葉にはどのくらいのセシウムが含まれているのか?
ドイツ放射線防護協会のトーマスさんが福島市にいらしたので案内の折に紅葉山公園の落ち葉を採取して測定しました。


(2012年11月21日追記) 紅葉山公園とは福島県庁の横にある公園で福島市中央部に位置します。


より大きな地図で 紅葉山公園 を表示


空間線量は日立ALOKA TCS-172Bで測定して地表で1.19μSv/h、1mで0.98μSv/hでした。

こちらが落ち葉を詰めた状態です。

Ge半導体検出器で3600秒(一時間)測定してみました。

Cs-134 611±55.24Bq/kg
Cs-137 1225±79.0Bq/kg

セシウム合算で1836Bq/kg、今回詰めた落ち葉の容量からすると15L分を集めたらこうなるとすると仮にこの場所の落ち葉を野焼きすると、どれくらいが舞うのでしょうか?
行政は自粛よりも、もっと強い呼びかけをすべきではないでしょうか?
(あべひろみ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

放射能測定

【 2017年11月 】空間線量の測定結果

空間線量は地上から1mの位置でγ線を測定した数値を掲載しています。 [table id=153 /]…

食品測定

【 2017年11月 】食品・環境測定結果

認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクトで測定した結果については、「みんなのデータサイト」でも公開しております。 「みんなのデータサ…

告知

201711/21

【告知】第3回 福島の現状を知り、語り、考える会『未来へつなげるために 今できること』

食品測定

【 2017年10月 】食品・環境測定結果

認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクトで測定した結果については、「みんなのデータサイト」でも公開しております。 「みんなのデータサ…

放射能測定

【 2017年10月 】空間線量の測定結果

空間線量は地上から1mの位置でγ線を測定した数値を掲載しています。 [table id=146 /]…

ページ上部へ戻る
Translate »