アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

放射能測定

201211/24

食べもの以外の支援

例年、この季節は子供たちが落ち葉、松ぼっくりやどんぐりを拾って、それらを使いおもちゃや人形を作って遊んだりしています。
しかし昨年の事故があって、地面の上にあるそれらの物に安心して触れる事が出来なくなりました。
そんな訳で福島へは支援として食べもの以外の物も送られてきています。
左の写真の松ぼっくりは大阪の支援団体から送っていただいた物です。 これ以外にも木の実や落ち葉などが他の地域から送られてきています。 それらは福島市にある幼稚園や小学校、学童保育に届けられました。
小学校では、一年生の図工で木の実を使うそうで 小さな子を持つ先生は、安全な木の実を探していたのでうれしいと、とってもモチベーションがあがったそうです。


木の実や松ぼっくりの一部をCRMS福島でも頂きました。
それらを使ってこんな感じでリースを作ったり、どんぐりを飾っています。


そんな中、今度は長崎県から木の実や落ち葉が届きました。
長崎県長崎市神浦北大中尾にある「ながさき県民の森」での採取だそうです。


さて、福島の落ち葉と比較してみようという事で送っていただいた中で銀杏の葉を測定してみました。
例によって量がないので70ml容器を使っての測定です。

Ge半導体検出器で54000秒(15時間)測定してみました。

Cs-134 ND(<3.42Bq/kg)
Cs-137 ND(<3.55Bq/kg)

セシウム両各種とも不検出、そしてスペクトルにもピークは見えません。
当たり前と言えば当たり前なのですが、これで安心して配る事が出来ます。
(あべひろみ)

Share Button

関連記事

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

告知

202110/14

【告知】山形県大江町「秋のやまさぁーべキャンプ」参加者募集

山形県大江町の豊かな自然のなかで、梨狩り体験、梨のスイーツづくり、稲の脱穀体験、ウォータースライダー&ドラム缶風呂など秋の里山を楽し…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』録画映像配信

【オンラインセミナー再配信】 8月21日に開催した清水奈名子准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。 今回は清水准教授の…

告知

【告知】オンラインセミナー『原発事故被害の「否認」を乗り越える』

「次世代に原発事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか」  弊法人の10年間の活動のうち、「記録を残す」ことに意識的になったのは清水奈…

コシアブラ (2021年4月~6月) – 福島県内自治体の農産物持ち込み検査より抜粋 –

 4月から6月にかけて、福島県内の自治体が行った自家消費用農産物の放射性物質簡易検査の結果から、採取地や数値が公開されているコシアブラを抜粋…

ページ上部へ戻る
Translate »