アーカイブ

助成団体

東北3.11基金

ラッシュジャパン チャリティバンク

このサイト作成には、
「一食(いちじき)福島復興・被災者支援」事業の助成の一部を使用しています。

放射能測定支援

未来の福島こども基金
未来の福島こども基金

株式会社カタログハウス
週刊通販生活

プレマ株式会社(プレマ基金)
プレマ株式会社(プレマ基金)

福島県有機農業ネットワーク
福島県有機農業ネットワーク

市民放射能測定データサイト
みんなのデータサイト

© 認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト All rights reserved.

雑記

20131/13

基準値超コマツナで思ったこと

1月12日に郡山市の農家が直売所に出荷したコマツナから基準値超えのセシウムを検出したという報道がありました。
これは翌日の報道(福島民友)によると、店が敷地内に開所した放射能分析センターで50~70Bq/kgのセシウムを検出した為、県に報告、対応を待ったとあります。
経緯をみると、2011年秋にシートを購入後春先まで使用し、土埃や屋根からの雨水が直接かかりやすい場所に保管していて再利用した際にセシウムが付着した可能性が高いと推測しています。
これを読んで思った事を書きます。
自分はこの震災、事故があるまでは技術職といった部類に属する仕事をしていました。
出来るだけ良い物を、時間が無いのであればその中で出来る最良の仕事をしようと心がけましたし、
そういう姿勢で仲間と仕事をしていました。
その時々で流行りのスタイルというか技術が求められれば、真似から始めてモノにするよう努めていましたし
その為にアンテナを張って観たいと思わない物も観る、使えそうな材料を探しにいくといった行動をしました。
それが当たり前と言う風に先輩から教育されるからですが、いい物を作る為にはと自然にそういう意識になっていきました。
ただ、これも若いうちというのもあります。
体力勝負の面が大きい仕事でもあるので、馬力があり気力が充実しているうちはいい物を上げる為に無理をしますが、年齢が上がり体力が衰えていくと食っていくだけの為に仕事を流してこなすようになっていく人も多いです。
それこそ、手癖でやった仕事ばかりという人をさして「ベテランらしい仕事」と揶揄する事もあります。
今回のこのイージーな農業資材の取り扱いに自分は憤りました。
この事故があって、なぜ自分の仕事に直結する情報を集めないのか?
自分が作る物の価値が下がるような事は出来るだけ避けるものではないのか?
よく言う「丹精込めて作りました」はなんなんだ?全く理解出来ない! と思いました。
農家は高齢者が多いのだから仕方ないよと言われても納得出来なかったのですが
ちょっとひいて考えたら所謂「ベテラン」になった人がやってしまったのかと思い当りました。
人間おかしなもので自分のテリトリーに導いて納得しやすい事例に当てはめるとスッと納得してしまいました。
しかし、そうであればJA(行政も?)はもっと勉強会等をこまめにやって指導するべきではないんですかね。
そういう面では組織なる物は、まだまだ本気ではないのではないか?と思った記事でした。
(あべひろみ)
Share Button

関連記事

20223/1

Yahoo!ネット募金を始めました。

Yahoo!ネット募金 福島原発事故の経験を子どもたちに伝え、 放射線の影響から身体を守れるように …

20222/28

記録誌「10の季節を超えて」

2021年3月発行のふくしま30年プロジェクト記録誌「10の季節を超えて」を広く見て読んでもらいと思いWEB化しました。 https://…

【告知】オンラインセミナー『いかに人々が「科学的」に惑わされてきたか』

オンラインセミナー  福島第一原発事故後に周りから醸成された、今は非常時でないという「空気」への違和感を感じていました。また、行政に対して…

告知

【告知:オンラインセミナー再配信】「福島第一原発事故の教訓を伝える」東日本大震災・原子力災害伝承館が本来担うべき役割とは?

2021年11月21日に開催した後藤忍准教授のオンラインセミナーの録画動画を再配信します。今回の再配信では後藤准教授の参加は無いので、11月…

告知

【告知】オンラインセミナー「福島第一原発事故の教訓を伝える」

原発事故の教訓を継承する施設としての 東日本大震災・原子力災害伝承館の役割とは? 事故の教訓をどう伝え、生かしていくべきか。 …

ページ上部へ戻る
Translate »